2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 冬の終盤 20160220 | トップページ | 第2,044回 TMクローンズの爆走2 »

2016年2月21日 (日)

第2,043回 TMクローンズ爆走

91年目8月
恒例のSPZクライマックス。

◆我那覇愛(21)7年連続7度目の出場

「は、はっきりいって自分優秀だから・・・・優勝狙うさー!」

◆TMクローンズ(年齢不明)4年連続4度目の出場

第89回大会優勝
(本人は黙して語らず、マネージャーの欲野深子がしゃべる。)
「これは欲野先生の最大かつ最後の傑作。SPZ史上最悪のガチレスラーといわれた南利美の行動パターンを完全にコピーしてアルゴリズムに組み込んだ。したがってことしも優勝することは確定事項、ウァハハハハ・・・」

◆瀬戸田光(19)3年連続3度目の出場

「優勝を狙うよりも、まずTMさんを倒して、SPZベルト挑戦権を頂きたいと思います」

以下は予選会勝ちあがり組

◆真田美幸(18)2年連続2度目の出場

予選会1位通過
「目標はシード権。上の人を一人でも倒せるよう頑張ります」

◆藤田一美(24)6年連続6度目の出場
予選会2位通過
「今年は後輩が伸びてきているので・・・寝首をかかれないようにやります」

◆スーパーカムイ(年齢不詳)初出場
予選会2位通過
「SPZの暴力パーティーの始まりだ!!全員エメラルドフロートで撃沈してやるぜ!」

◆川端明子(21)初出場
「なんとか、Sクラの出場権をいただきましたので、いい試合ができるよう頑張ります」

◆金井美香(18)初出場
「えっと・・・まさか・・・Sクラに出られるなんて・・・思っていませんでした」

2戦目の札幌どさんこドーム大会からリーグ戦開始。

藤田(2点、パイルドライバーからの片エビ固め 10.15)金井

予選会では藤田が勝っているカードの再戦がオープニングマッチに組まれた。金井もジャーマンを繰り出すなど大いに健闘したが。
「そんなの効かないよ!」
えぐいパイルドライバーであっさりと若手の挑戦を退けた。

瀬戸田(2点、ミサイルキックからの片エビ固め 27.3)真田

初戦でタッグパートナー同士の対戦が組まれた。優勝候補筆頭のTM戦のことを考えるとお互い負けられない一戦。
「せっ!」
コンビネーションキックで勝負をかけた真田だったが、続くタイガードライバー狙いは巧くリバースに切り返された。そして瀬戸田が裏投げ2連発で真田を朦朧状態に追い込み、ミサイルキックで真田を振り切った。25分越えの熱戦に場内拍手。

我那覇(2点、タイガードライバーからのエビ固め 12.38)川端

普段は前座要員の川端明子、Sクラ初出場、しかもドームのセミでシングルマッチという大役。しかし相手は実力者の我那覇、ジャーマン、タイガードライバーの大技波状攻撃にやられてしまった。

TM(2点、ノーザンライトSH 10.23)スーパーカムイ

悪役から「善悪を超越した暴走戦士」にシフトチェンジしたスーパーカムイ。しかしリーグ戦初戦からSPZ王者のTMクローンズとあたった。TMの精密機械ファイトに手も足も出ず敗北・・・

第91回SPZクライマックス。TMクローンズの牙城を崩す選手は現れるのか。

(続きます)

« 冬の終盤 20160220 | トップページ | 第2,044回 TMクローンズの爆走2 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。