2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 第2,063回 92年目7月 サマースターナイツシリーズ | トップページ | これは激烈バカなのか »

2016年3月22日 (火)

プロレス技シリーズ93 ヘッドロック

今回ご紹介するのは、

プロレスの基本中の基本技、ヘッドロック。

組み合った直後のつなぎで移行したり、グラウンドでの攻防でも見られたり、プロレスリングの代表的な技ですが、まずフィニッシュにはならない技です。

相手の頭を脇で抱え込んで締め付けるのですが、あくまでもとりあえず出しておく技という扱いで、この技でギブアップを迫るシーンはまずありません。

ただ不用意に仕掛けると、バックドロップに切って取られてしまうので、そこも見どころの一つです。

90年代の全日本で、若手時代の田上明がスタン・ハンセンとシングルで対戦したさい、とにかくヘッドロックをしつこくかけ続けて食らいついて行ったものの、最後は振りほどかれてラリアットの餌食になってしまったという試合もあったと記憶しています。

また、スタン・ハンセンの自伝によると、アメリカプロレスの素人乱入(マーキス)を成敗する技としてボブバックランドがよく使っていたようです。「頻繁に使われる技だが決してフィニッシュにはならない技なので、素人相手にレスラーの凄味を表現するにはヘッドロックが一番」とのことです。

WASでは実装はされていませんが、試合の流れの中でおそらく出ているものと思われます。

« 第2,063回 92年目7月 サマースターナイツシリーズ | トップページ | これは激烈バカなのか »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。