2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« プロレス技シリーズ97 シャットダウン式ジャーマンスープレックスホールド | トップページ | 第2,096回 ベルトまであと半歩 »

2016年5月24日 (火)

第2,095回 93年目10月 ダイヤモンドシリーズ

93年目10月
「ダイヤモンドシリーズ」開幕。

第3戦三重大会でSPZ世界タッグ戦。王者真田美幸、瀬戸田光に対するはペルフェクタ、アルル・ペレス組。SPZシングル前王者のペルフェクタが今度はタッグ王座に挑戦。しかしパートナーが実力的に一枚落ちるペレスなので苦しい。やはりつかまってしまい瀬戸田の裏投げ一発で動きが止まってしまう。

「もう一回!」
2発目の裏投げでペレスを潰してあっさり防衛成功。勝負タイム16分29秒。試合後、真田と瀬戸田はリング上で握手。

「最終戦ドーム、潰しに行きます」
「こっちも、そのつもりよ。あたしまだシングルベルト取ったことないから」(瀬戸田)

最終戦のドームではこの2人でシングルタイトル戦が組まれている。

*****************************

最終戦は新日本ドーム大会。

外人同士のシングルマッチのあと、

第2試合は金井美香、パーシー町田、下辻かすみ、VSアルル・ペレス、中神朝香、SASAYAMAの6人タッグマッチ。

いかにも余った人をひとまとめにしました的なカード。ペレスがものすごい頭突きで金井を追い込む。そしてSASAYAMAを招き入れてサンドイッチラリアット。ごちゃまぜ6人タッグに入れられて奮起したか。

「URAAAA」
パーシー町田には遠慮ないニーリフト
「うが」
この一撃で悶絶してしまったパーシー町田、あっさり3カウントを許した。勝負タイム12分48秒。

第3試合はファンシー長沢、橘みずきVSジェイジェイ・コーディ、ダークネス・シブリンのタッグマッチ。

ベテラン実力派外人のジェイジェイ、持ち前の馬力で存在感を発揮。そしてある程度暴れて流れを作ってからシブリンにタッチ。シブリンもそつのないファイトでつなぎ、再度ジェイジェイが登場。橘みずきを強烈な逆片エビで追い込む。そしてブレンバスター。ファンシー長沢もバックドロップを繰り出すなど健闘したが

「ソノテイドカ」

ニーリフトで悶絶させてからのブレンバスターで長沢を倒した。勝負タイム18分42秒。その試合が終わると休憩。

« プロレス技シリーズ97 シャットダウン式ジャーマンスープレックスホールド | トップページ | 第2,096回 ベルトまであと半歩 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。