2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 戦力29200 | トップページ | 第2,100回 93年目12月ウルトラタッグリーグ2 »

2016年5月30日 (月)

第2,099回 93年目12月ウルトラタッグリーグ1

93年目12月

瀬戸田光が首の負傷で欠場。先シリーズの最終戦での真田戦で痛めてしまったらしい。したがってタッグリーグは欠場。宙に浮いた真田のタッグパートナーは、入社2年目のファンシー長沢が抜擢された。中瀬ピラニアも腰痛で欠場。
で、タッグリーグ戦のエントリーは以下の8チーム

真田美幸&ファンシー長沢

TMクローンズ&スカルオーク(前年優勝チーム)

橘みずき&ハチェマレ・ジニアス

我那覇愛&スーパーカムイ

マックス・カオス&ダークネス・シブリン

ラ・ペルフェクタ&アルル・ペレス

ジェイン・ブランズ&モリエス・ビースト

ジェイジェイ・コーディ&マリア・フランチェスカ

世界トップクラスの強豪外人が多数来日、豪華なタッグリーグという前評判だった。
第2戦札幌大会からリーグ戦スタート。

我那覇、Sカムイ○(2点、白い絶叫からの片エビ固め 29.51)TM×、スカルオーク

休憩前の第3試合にいきなり前年優勝チームの2人が登場。沖縄北海タッグと激突。しかしスカルオークの状態があまりよくない状況で、TMが出ずっぱりを強いられる展開。沖縄北海の2人はタッチワークを速くして的を絞らせない作戦に出た。

我那覇、タイガードライバーを狙うもリバースで返される。しかしスーパーカムイがタイガードライバーを決める。ベテランのスカルオークも動けないなりに懸命のファイト。長身を生かしたボディスラムで我那覇を叩きつける。しかしスーパーカムイがエメラルドフロートでスカルオークを戦闘不能に追い込む。TMが腕ひしぎを繰り出すがロープに近い。我那覇は逆さ押さえ込みまで繰り出し、勝利への執念を見せる。しかし最後は

「イヤアアーーー!!」
スーパーカムイの白い絶叫炸裂。頭から落ちたTMはこれで3カウントを奪われてしまった。スカルオークは救援に入れなかった・・・

ブランズ○、ビースト(2点、ラリアットからの片エビ固め 14.38)ペルフェクタ、ペレス×

初来日のジェイン・ブランズはアメリカのレスリング一家の名門、ブランズ一家の才媛。アマレスで将来を嘱望されていたが、TWWAに巨額の契約金で引き抜かれたという経歴の持ち主。今回は単独で日本に腕試しにやってきた。この日はペルフェクタ組との外人対決を制して白星発進。

ジェイジェイ、フランチェスカ○(2点、トラースキックからの片エビ固め 14.28)Mカオス、シブリン×

ジェイジェイ組が外人対決を制した。久々来日のフランチェスカがカウンター気味のトラースキックでシブリンをなぎ倒した。

ジニアス○、橘(2点、フライングニールキックからの片エビ固め 18.33)真田、F長沢×

瀬戸田光が負傷欠場したため、急きょファンシー長沢がパートナーに抜擢された。いきなりどさんこドームのメインでジニアス&橘と対戦。この試合ジニアスが得意のジニアスダイブを連発し主導権を握り、合体パワーボムで真田を追い詰める。そして最後はファンシー長沢が孤立してしまい、ジニアスがフライングニールキックでファンシー長沢を沈めた。

93年目ウルトラタッグリーグ、豪華外人多数参戦!

« 戦力29200 | トップページ | 第2,100回 93年目12月ウルトラタッグリーグ2 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。