2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 第2,122回 94年目12月ウルトラタッグリーグ | トップページ | 第2,124回 94年目12月ウルトラタッグリーグ3 »

2016年8月 3日 (水)

第2,123回 94年目12月ウルトラタッグリーグ2

第4戦は九州ドーム大会。

F長沢○、SASAYAMA(2点、パワーボムからのエビ固め 18.49)中神、中瀬P×(0点)
F長沢組がようやく初日を出した。最後は乱戦の中、パワーボムを決めたF長沢が中瀬Pから3カウント。

ジェイジェイ○、シブリン(2点、DDTからの片エビ固め 10.4)スミス×、リチャーズ(4点)

初来日のバーバラ・スミス、リーグ戦の連勝は2でストップ。最後はベテランのジェイジェイにつかまってしまいDDTに散った・・・

真田、瀬戸田○(6点、裏投げからの片エビ固め 19.28)ペルフェクタ、ペレス×(4点)
2連勝同士の対戦を制したのは真田組。最後は瀬戸田の裏投げがズバリと決まった。

ジニアス、橘○(6点、ニールキックからの片エビ固め 25.46)アッカ―マン、モリエス(0点

あばしり王者組の連携攻撃に苦しんだジニアス組だが決定的ピンチはつくらせず、しのいでしのいで最後は橘がニールキックで決めた。

***************************

第5戦はしゃちほこドーム大会。

ジェイジェイ○、シブリン(4点、ラリアットからの片エビ固め 14.09)中神、中瀬P×(0点)
中神組4連敗。この日も中瀬ピラニアが外人パワーにつかまってしまった。

アッカ―マン○、モリエス(2点、レッグドロップからの片エビ固め 11.40)スミス、リチャーズ×(4点)

エレキギターをかき鳴らしながら入場するパフォーマンスで会場人気の高いロック・リチャーズだが実力は残念ながら伴っていない。この日はアッカ―マンの猛攻に太刀打ちできず3カウントを許した・・・

真田○、瀬戸田(8点、フェイスクラッシャーからの片エビ固め 13.36)F長沢×、SASAYAMA(2点)

真田の蹴りでF長沢が鼻から流血するアクシデント。これで萎縮したのか、ファンシー長沢の動きが止まってしまう。そして真田、負傷箇所を狙う非情さを見せ、フェイスクラッシャー2連発でF長沢を沈めた。

ジニアス、橘○(8点、合体パワーボムからのエビ固め 18.48)ペルフェクタ、ペレス×(4点)

連携攻撃に活路を見出したジニアス組が勝利。内容は苦戦続きなのだが4連勝。

***********************************
第6戦はどさんこドーム大会。
ジェイジェイ○、シブリン(6点、DDTからの片エビ固め 14.42)アッカ―マン、モリエス×(2点)

ジェイジェイ・コーディ、2連敗のあと3連勝。やはり馬力はあるので、そこそこの選手であればつかまえさえすればなんとかなる。

ペルフェクタ○、ペレス(6点、ムーンサルトプレスからの片エビ固め 13.18)F長沢、SASAYAMA○(2点)

ペルフェクタ組も3勝目。落ち着いて最後は分断作戦に成功し、格落ちのSASAYAMAを沈めた。

真田、瀬戸田○(10点、合体パイルドライバーからの片エビ固め 29.21)中神、中瀬×(0点)

真田組が5連勝。中神組に粘られたものの真田がミサイルキック2連発で弱らせて最後は合体攻撃、ダブルのパイルドライバーで決着、

ジニアス、橘○(10点、ニールキックからの片エビ固め 12.19)スミス、リチャーズ×(4点)

ジニアス組も5連勝。最後は乱戦を仕掛けたジニアス組がうまくリチャーズを捕らえてニールキックで幕。

年末のウルトラタッグリーグ、真田組とジニアス組が5連勝。優勝の行方はこの2チームに絞られたか。(続きます)

« 第2,122回 94年目12月ウルトラタッグリーグ | トップページ | 第2,124回 94年目12月ウルトラタッグリーグ3 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。