2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 第2,174回 96年目3月 いったい私はいつまで | トップページ | 2016年プロレス界10大ニュース »

2016年12月22日 (木)

新説ドラゴンクエスト3 第2日

2日目 8月30日
とりあえずスライムの体当たりくらい平気で受けられないと、バラモス討伐はおろかアリアハン出国もおぼつかない。そう考えたセメントは昨日同様、城門を出た。昨日同様にお城が見える範囲で索敵を行う。ほどなくスライム2体、大カラス2体の集団と遭遇したが、なんとか一体ずつ撃破して勝利した。
(あ、痛・・・)
先ほどの戦闘中に大カラスのくちばしで肩をつつかれたので、セメントは出発前に買い込んでおいた体力回復作用のあるハーブを口にしてから、索敵を再開した。そのあと3回、魔物(いずれもスライムと大カラスだった)に遭遇したが、彼女も実戦に慣れてきて、相手の動きをよく見て、落ち着いて銅剣をふるえば一撃で倒せることを理解したので、いずれも危なげなく勝利した。

やがて夜のとばりが辺りを包んだ。
「夜間は魔物の動きが活発になるので、行動はなるべく差し控えるべし」ということを養成所で教わっていたので、今日の索敵はこれで切り上げ、アリアハンの自宅に戻ることにした。
(少しは腕も上がったのかな・・・・いや、このあたりの敵を苦もなく打ち倒せるようにならないと・・・とりあえず明日も頑張ろう)
自宅の風呂につかりながら、己の細腕をセメントは見やった。

セメント・スターリー・エスプレッシーボ(16)レベル3
身長159センチ、体重47キロ、極めてケンコウ。

« 第2,174回 96年目3月 いったい私はいつまで | トップページ | 2016年プロレス界10大ニュース »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 第2,174回 96年目3月 いったい私はいつまで | トップページ | 2016年プロレス界10大ニュース »