2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 戦力71018 | トップページ | 第2,179回 97年目6月Sクラ予選会2 »

2017年1月 9日 (月)

第2,178回 97年目6月Sクラ予選会1

97年目6月
「バトルアトランティス」開幕。恒例のSPZクライマックス予選会も行われる。今年のブロック分けは以下の通り。

(Aブロック)
真田美幸(前回本大会5点)
パンサー理沙子
シャイニングカムイ
堀咲恵

(Bブロック)
SASAYAMA(前回本大会4点)
中瀬ピラニア(前回本大会1点)
下辻かすみ
滝翔子

各ブロックのリーグ戦得点上位2名ずつが本大会に出場できる。Aブロックは混戦とみられていた。
シリーズ初戦山口大会。そのAブロック2試合が組まれた。

シャイニングカムイ(2点、ドラゴンスリーパー 10.30)堀

スーパーカムイと組んでメインやセミに多くでているシャイニングカムイが有利とみられていたが、堀もブレンバスターを決めるなど善戦、しかし最後は頃合いを見て仕掛けたシャイニングカムイがドラゴンスリーパーで制した。

P理沙子(2点、ノーザンライトSH 13.17)真田

若手有望株のパンサー理沙子が元SPZ王者真田に挑む一戦。なんと先に仕掛けたP理沙子、タイガースープレックスで相手の動きを止めてしまう。頭を打ってしまったのかふらついた真田は得意の打撃が繰り出せず。そこを冷静に見て取ったパンサー理沙子、タイガードライバー。しかし真田も2で返して超SPZキックで反撃。しかも2連発。しかし普段なら当然相手をノックアウトするのだが本来の威力は失われていた。そして、これ以上は受けられないと見たパンサー理沙子が得意のノーザンで勝利。元SPZ王者・真田美幸、黒星発進。

***********************
第2戦は島根大会。

P理沙子(4点、ラストライドからのエビ固め 16.30)シャイニングカムイ(2点)

勝てば本大会出場が濃厚となるパンサー理沙子だが、シャイニングカムイもなかなかの実力者なのでそれなりに白熱した。ドラゴンスリーパーであわやというシーンも。それでも懸命に脱出したパンサー理沙子、なんと大技ラストライドを初公開。これでシャイニングカムイを仕留めた。

大舞台を目指す者たちの闘いが続く。

« 戦力71018 | トップページ | 第2,179回 97年目6月Sクラ予選会2 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。