2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 第2,189回 石川涼美、プロ初勝利 | トップページ | 99年目突入。残り9か月 »

2017年2月 9日 (木)

第2,190回 黒い砂時計 結成

97年目11月

「ビッグパワーシリーズ」開幕。東北地方を南下するシリーズだが、第2戦盛岡大会が駅前で起こった銃乱射事件の影響で中止となった。

SPZクライマックスで2位に食い込んだパンサー理沙子が、1期先輩の滝翔子、1つ下の堀咲恵とユニット結成を表明。ユニット名は滝翔子の活動する劇団の演目から「黒い砂時計」に決定した。
「大人のプロレスでSPZを盛り上げます」(パンサー理沙子)

***********************

シリーズ最終戦は横スペ大会。

第1試合は石川涼美VSパーシー町田。前月のドーム大会で負けてしまっているパーシー町田が珍しく真剣な表情でファイト。ドラゴンスクリュー連発で足を止めてから攻める作戦を立ててきたが、石川も力任せのスクラップバスターで応戦し、いい勝負となった。
「潰したる!!」
しかし今回の対決はP町田がサソリ固めを決めて、ギブアップ勝ちをおさめた。勝負タイム16分59秒。

第2試合は下辻かすみVS原千登勢。
(ボクが、第2試合で、それも新人相手のシングル・・・・)
カード編成の都合で前座に回された下辻が奮起し、一方的に攻め込んだのち、えげつないバックドロップで原を仕留めた。勝負タイム9分29秒。そのあと外人同士のタッグマッチがあって休憩。

第4試合は堀咲恵VS中瀬ピラニア。パンサー理沙子率いる「黒い砂時計」入りした堀だったが、中瀬ピラニアの打撃攻勢の前にペースがつかめない。ズルズルと攻め込まれ、最後はピラニアンキックを食らって敗北。勝負タイム11分29秒

第5試合は北海タッグのスーパーカムイ、シャイニングカムイが登場。ロレン・アッカ―マン、カレン・アッカ―マンと激突。ベテランのスーパーカムイを助けるべくシャイニングカムイが前面に立って奮闘。最後も見事なネックブリーカードロップを決めて12分47秒、カレンにフォール勝ち。

セミもタッグマッチ。ハチェマレ・ジニアス&中神朝香に対するは、ウッウー・ウボアー、ブルーポンヌッフの狂った外人コンビ。タッグ王座返り咲きを狙うジニアスと中神、マッド外人のかく乱戦法にも動じず攻め込んでいき、まず中神がウボアーにマックスペイン炸裂!しかしポンヌッフがカット。そのあと出てきたジニアスが乱戦の中、ジャーマンをブルーポンヌッフに決めて3カウント。勝負タイム28分14秒。

横スペ大会メインはSPZ世界タッグ戦、王者ファンシー長沢、SASAYAMAに挑むのは、パンサー理沙子、滝翔子組。

「もう長沢さんの下でやるよりは、長沢さんを倒すために向かった方が良いと思いまして」
滝翔子もこの戦いに懸命についてゆく。
(ここで名前を売っておけば、劇団の客入りも増える・・・)
そしてパンサー理沙子は見事なノーザンで長沢を叩きつけ、代わって出てきたSASAYAMAにはタイガースープレックス。これで頭を打ってしまったSASAYAMAの動きが止まり
「とどめっ」
最後はジャーマンでSASAYAMAを投げて3カウント奪取。パンサー理沙子、最初のチャンスでタッグベルト奪取。
「・・・・・・・・」
先月まで2冠王だったファンシー長沢、まさかの丸腰になってしまった。王者組が7回目の防衛に失敗。

« 第2,189回 石川涼美、プロ初勝利 | トップページ | 99年目突入。残り9か月 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。