2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 新説ドラゴンクエスト3 第36・37日 | トップページ | 新説ドラゴンクエスト3 第40・41・42日 »

2017年4月12日 (水)

新説ドラゴンクエスト3 第38・39日 セメント4敗目

38日目 10月5日
イシスにもう一度行くか、それともノアニールの洞窟へ行くか。珍しく女勇者セメントは迷った。カンダタに勝てた今の自分なら、バンパイアに不覚を取ることはないのではないか。ピラミッドはピラミッドで手強そう。
けっきょく、未知への突貫より何度か行った洞窟という判断をして、セメントは旅装を整えると北へ向かった。カザーブへの行軍を無事にこなし、宿屋に一泊。

39日目 10月6日
セメントはこの日、4敗目を喫した。ノアニール西の洞窟に昼前に突入し、地下2階の泉を目指したが、泉の手前でバンパイア2体とマタンゴ4体に襲われた。マタンゴを1体ずつ撃破しようとしたが、前回の対戦同様に甘い息をくらってしまい、激しい睡魔に襲われもうろうとしてしまった。そこへ2体のバンパイアが殴る、蹴る、氷の魔法の猛攻。なんとか砕けそうな意識をつなぎ止めて急場しのぎの回復魔法を唱えたが、今度はマタンゴが胞子をまき散らしながら体当たり。衝撃はともかく胞子を吸い込んでしまったセメントはまたも朦朧としてしまった。ふらつくセメントへまたもバンパイアの殴る、蹴る、氷の魔法!氷の直撃を頭に受けてくらっとしたセメント、そのまま意識を失った。
「フハー、フハー、ジュルルルン」
力尽きたセメントへバンパイアが上から覆いかぶさりセメントの首筋に噛みついて吸血!激しい痛みでセメントの意識は戻った。
(あーっ・・・)
かなりの血液を奪われセメントを襲う激しいめまい。恍惚の表情を浮かべるバンパイア。セメントは恐怖心をこらえながら救難信号呪文を発した。しかしもう一体のバンパイアがセメントに覆いかぶさりセメントの首筋に噛みついて吸血!セメントは目の前が真っ白になった。
(これは・・・・死ぬ・・・・こんなところで・・・ボクは・・・)
少女の新鮮な血を味わい2体のバンパイアは極上の愉悦を味わっていたが、もう一杯味わおうとセメントにとりつこうとしたそのとき、セメントの姿はその場から消えた。
次の瞬間、セメントの体はどこかの一室に横たえられていた。
「ここは」
「ロマリアの教会。緊急信号呪文を感知したのであなたをサルベージした」
当直らしい中年の女魔道士が説明する。
間一髪、救難信号が間に合ったらしい。危険な貧血状態のセメントを見た当直魔道士が高度治癒魔法を唱えた。セメントの傷がみるみるうちにふさがってゆく。
しばらく横になっていると体に残ったダメージ感が消えた。
「悪いけど・・・これ請求書。10日以内にゴールド銀行の窓口で払っておいて」
先ほどの女魔道士が羊皮紙を手渡した。
「あまり無理を・・・しないでね」
そのあとセメントは常宿している宿屋に転がり込んだ。
(バンパイアとマタンゴの組み合わせは脅威だ・・・一つ間違えたら勝てない)
セメントは一人旅の苦しさに嘆息した。

« 新説ドラゴンクエスト3 第36・37日 | トップページ | 新説ドラゴンクエスト3 第40・41・42日 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新説ドラゴンクエスト3 第36・37日 | トップページ | 新説ドラゴンクエスト3 第40・41・42日 »