2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 新説ドラゴンクエスト3 59・60日目 船を入手 | トップページ | 第2,241回 99年目2月 スノーエンジェルシリーズ »

2017年6月15日 (木)

第2,240回 まあ、いつも通りやります。

99年目1月

新春ロケットシリーズ開幕。堀咲恵が右太もも肉離れで欠場。

シリーズ初戦の山梨大会でSPZ世界タッグ戦が。なんと現王者でタッグリーグ優勝チームのパンサー理沙子、石川涼美が挑戦者のキラーローズ、シェリー・ルイス組に敗れてしまって王座移動。終盤の分断作戦に石川がはまってしまい29分16秒、バスターローズに轟沈。

「はまってしまいました・・・ファンの皆様ごめんなさい」(石川)

SPZ一行は四国各地を転戦した後、最終戦新日本ドームへ、

第1試合は保田有紀対SHIHO。

SHIHOが一期先輩の貫録を見せてローリングソバットでダウンを奪いそのまま押さえ込んで勝利。勝負タイム12分11秒。

第2試合はレクイエム岩本VSシェリー・ルイス。初戦の山梨で世界タッグ王者になったルイス、この日は前座での登場。なんとこの試合、R岩本が打撃で優位に立ち、ハイキックでなぎ倒してフォール勝ち。勝負タイム10分14秒。

外人同士のタッグマッチのあと休憩。

第4試合は原千登勢、秋末美希 対SASAYAMA、滝翔子のタッグマッチ。

新人の秋末が休憩後の試合に抜擢された。原がでずっぱりの状況が続いたが、やはりSASAYAMAと滝の2人を相手では苦しく、秋末にタッチ。秋末もまだまだパワー不足で、あっさりSASAYAMAのニーアタックに沈んでしまった。勝負タイム14分48秒。

第5試合はスーパーフェニックス、イーグル・ハルカVSブルーポンヌッフ、レッドポンヌッフのタッグマッチ。先月のタッグリーグでもあった顔合わせだが、今回は合体パイルドライバーを決めたポンヌッフ組が14分21秒、イーグルハルカを押さえ込んで勝利。

ここから3大シングルマッチ。

セミ前はシャイニングカムイVS石川涼美。タッグ王者に輝き、タッグリーグを制するなど最近力をつけてきた石川だが、まだまだシャイニングカムイの前だと実力差は歴然。シャイニングカムイが頃合いを見て変形ドラゴンスリーパーで締め上げて快勝。勝負タイム12分23秒。

セミは豪華外人対決。キラーローズVSジャニス・モーガン。ド迫力のぶつかり合いとなったが、最後は13分40秒、サソリ固めでキラーローズがギブアップ勝ち。

メインイベントはSPZ戦。新王者、ファンシー長沢の初防衛戦の相手はパンサー理沙子。
「まあ、いつも通りやります」(パンサー理沙子)
前回対戦のSクラ公式戦では勝っていて、先シリーズ最終戦のタッグリーグでも直接フォールを奪っているパンサー理沙子。ファンシー長沢の攻略にはある程度自信を持っている。
序盤はある程度荒ぶる相手の猛攻を受け止め、攻め疲れが見えてから強烈なノーザンで攻守逆転、そしてシャイニングウィザード。しかしファンシー長沢も懸命にフロントスープレックスで、バックドロップで反撃。しかし続けたダイビングプレスは自爆。最後はパンサー理沙子、ドロップキックでなぎ倒した後、足を持ってジャックナイフ式に丸め込んだ。
ワン、トゥ、スリ。
26分56秒、これで3カウントが入りパンサー理沙子王座奪還。

« 新説ドラゴンクエスト3 59・60日目 船を入手 | トップページ | 第2,241回 99年目2月 スノーエンジェルシリーズ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新説ドラゴンクエスト3 59・60日目 船を入手 | トップページ | 第2,241回 99年目2月 スノーエンジェルシリーズ »