2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2017年8月 | トップページ

2017年9月20日 (水)

最近趣味で凝っているもの

最近趣味で凝っているのが将棋

本業がマーケッターなので

社会現象に通じていなければならず

藤井余談やひふみんに触発されて将棋のルール覚えました。

Img_0299

2017年9月18日 (月)

新説ドラゴンクエスト3 第97・98日

97日目 12月4日
海岸線ぞいを北上し、グリンラッド南のほこらで船を降り、ワープゾーンを使ってサマンオサへ。コングの襲撃にも辟易したが、時折現れるガメゴンがわずらわしい。鞭の一撃にも耐える固い甲羅を備えているから始末が悪い。おまけに甘い息まで吐いてくる。この日はサマンオサ城下町の宿屋で一泊。

98日目 12月5日
午前中はサマンオサ城下町で聞き込み。やはりいまのサマンオサ王は偽者で、正体はヤマタノオロチと同じバラモス軍の魔族とみて間違いないだろう。
セメントの脳裏にヤマタノオロチとの死闘が蘇る。あれは苦しい戦いだった、が、バラモス討伐のためには越えなければならない壁。そしてさらに聞き込みを続けると、サマンオサから南に進んだところの洞窟に、「真の姿を映し出す鏡」があるということがわかった。
(その鏡をもって城に潜入して、偽の王を映せば・・・・)
まあ十中八九、偽の王は逆上して襲いかかってくるだろう。厳しい戦いになるだろうがやるしかない。
午後、サマンオサ南の洞窟に潜入。ここの敵は個性派ぞろい。一番厄介なのが魔力を吸い取る魔法を放ってくるゾンビマスターの集団。虎の子の回復用の魔力をじわじわと削られてゆくのだからたまらない。他にも固い守備力のガメゴン、固い守備力のキラーアーマーと回復魔法を唱えるべホマスライムの組み合わせ、氷結魔法を唱えてくるシャドウ、そしてなのより一番厄介なのが六本腕の骸骨剣士。おそらく魔王軍で秘密改造を施したのだろうが、六本の腕がすべて長剣を持っており、しかも時折守備力低下の魔術を使ってくる。けっきょく地下一階の探索を終える前に魔力の残が心もとなくなったのでいったん撤退し、夕方サマンオサの城に戻ってきた。サマンオサ城下町の宿屋に投宿。

2017年9月17日 (日)

新説ドラゴンクエスト3 96日目

96日目 12月3日
冬の海の航海はつらい。セメントの役割は魔物が出るかどうかをじっと監視し、出てきたら鞭を振るって撃退すること。
(はぁ、寒い・・・・)
甲板上の定位置に詰めて、双眼鏡で監視するだけ。夜間航行中はフル装備のまま船室の床の上で仮眠をとるが、魔物が出たらスケさんにたたき起こされ、起き抜けに戦闘をしなければならない。そんな時にも一撃麻痺の可能性のあるしびれくらげが出たりすると気が滅入る。
とはいえ、バラモス城にたどり着くために必要なオーブはあと二つ。うちイエローオーブは人から人へと渡っていて手に入れるのは至難。シルバーオーブはネクロゴンドの奥地にあるらしい。その奥地にたどりつくにはガイアの剣が必要だという。そのガイアの剣につながる手がかりを豹変したサマンオサ王が持っているが、サマンオサ王にまともに話しかけると投獄されてしまう。
勇者セメントは寒風吹きすさぶ船上でお茶を飲みながら沈思した。
全盛を強いていたサマンオサが数年前に突然豹変して悪政を敷くようになった。前にも同じようなことがあった。あの地下牢にいた本物の王の話が事実とすると、ジパングのヒミコ同様、魔物が王に成りすましているのだろう。
この日は西の大陸の寒村、建設中の街までの航海。宿屋泊まり。

2017年9月16日 (土)

20170916

今週のスポーツニュース行きます。

■プロレス

王道トーナメント開幕。ヨシタツ、全日本参戦。1回戦でTAJIRIを倒し2回戦で宮原と激突。諏訪間も順当に野村を下し2回戦進出。負けたら終わりのトーナメントも味わい深い。

■相撲

3横綱2大関休場。高安も足の負傷、照ノ富士も膝のケガで戦線離脱。残ったメンツで星のつぶしあい。日馬富士も早くも3敗。消去法で豪栄道(ここまで1敗)が優勝してしまうのか。

■野球

ソフトバンク優勝

楽天とのマッチレースを制し、パリーグ制覇を決める。サファテ51セーブ、MVP級の活躍。

広島M1

DeNA戦を2勝1敗で乗り切りM1まで減らすも土曜日のヤクルト戦は敗戦。ロッテ戦力外から蘇った大松が同点タイムリー、相川の人的補償で巨人から来た奥村が勝ち越し犠飛、野球界も生々流転のドラマ。台風が来ているので本拠地胴上げは厳しそうだが・・・

岩瀬954登板

9/10広島戦に再起登板を果たすも松山に同点2ランを浴び、一死も取れず降板。来年1000登板達成へ向けてワンポイントでも何でもいいので登板して往年の感覚を取り戻して欲しいものだが・・・

2017年9月10日 (日)

新説ドラゴンクエスト3 第93.94.95日目

93日目 11月30日
レイアムランドの神殿に立ち寄り、台座に4つのオーブを設置。そのあと北へ航行。この日も船中泊。

94日目 12月1日
西の大陸の海岸線沿いを北上し、フチザキを預けた寒村に立ち寄り。何と宿屋が出来ていて、道具屋の品揃えも広がっていた。フチザキも道具屋の店番を人に任せ、劇場の建設に駆けずり回っていた。フチザキをここに残してわずか1か月だったが、大きな街が出来そうな予感。
(自分も負けてられない。勇者として使命を果たさないと)
この日は新しくできたばかりの宿屋泊り。

95日目 12月2日
サンチャゴ号に戻って東に航行。ポルトガへ向かう。サンチャゴ号も酷使続きでメンテナンスが必要になったと船長のジンクに言われた。海の魔物を撃退しつつポルトガに入港。この日はポルトガの宿屋泊り。

2017年9月 9日 (土)

20170909

秋の始まり。

■高山善広、首から下動かせず。回復の見込みなし。

5月の大阪大会で自ら前方回転エビ固めを仕掛けて、頭を強打してって・・・一時は心肺停止に追い込まれるも現在は自力で呼吸できるようになり都内の病院に転院。プロレスはやはり死、大怪我と隣り合わせのスポーツなのか。奇跡が起きて、なんとか公の場に出られるくらいにはなって欲しいが・・・

■広島M7

本拠地で阪神を3タテして一気にマジック再点灯し7まで減らした。四番鈴木が抜けても脇役が稼働しているので失速はしない。優勝までもう少しなのか。

■鳥谷2000本安打

阪神の主軸を長いこと務めて大台到達。

■白い子、マレス、鶴竜秋場所休場。

白い子がひざ負傷というのが気になる。これで秋場所は本命不在。日馬富士がどれだけ本庁しか、いつもの金星配給マシンを演じるかで様相が変わってくる。

2017年9月 3日 (日)

新説ドラゴンクエスト3 92日目

92日目 11月29日
ヤマタノオロチ(魔界での名はアークヒドラ)討たれる。この知らせは魔族の間諜によってまたたくまにネクロゴンドのバラモス城に伝えられた。
「馬鹿が」
魔王バラモスはすぐ緊急対策会議を招集した。側近のエビルマージ数名を玉座の間に入れて3時間ほど対策を協議。西の大陸の侵攻責任者のボストロールは所用で欠席。
「問題なのは」
バラモスが渋面を浮かべながら口走る。
「アリアハンの養成所上がりの小娘が3か月でヤマタノオロチを一人で殺すところまで力をつけてしまったことだ。これだから人間というやつは油断ならぬ。あと3か月したらここに乗り込んでくるやもしれん。草の根分けても見つけ出して殺せ!」
「承知しました」
「かしこまりました」
側近のエビルマージ衆が返答する。事ここに至ってバラモス軍も女勇者セメントの脅威に気づいてしまったようだ。

一方そのころサマンオサ城では
「あいつは悪い奴じゃないんだがなあ。戦い方がワンパターンなんだよ」
ゾーマから世界侵攻のサブに任命されたボストロールが一人ごちる。討たれたアークヒドラとは幾多もの戦線で共闘し、多くの人間を地獄へ叩き落とした盟友だった。永年一緒にやってきただけあってアークヒドラの弱点も見抜いていた。火炎放射で非力な人間の軍勢を始末する能力には長けているが、真の強者を相手にした時は優位に持ち込めず力押しの消耗戦になってしまうという欠点を持つ。そして今回の戦いでは女勇者が諦めなかった。先に根負けしなかったからアークヒドラは討たれてしまった。そうボストロールは分析した。
(近いうちに必ず、またあの女勇者はサマンオサにやってくるだろう。勘のいい奴らしいからネクロゴンドヘの手掛かりをたどっていけば当然私にたどりつく。だが魔族にあって人間に無いもの。それは力だ。)
セメント抹殺の方法を考えるボストロールであった。

(残りのオーブは2つ・・・・)
ヤマタノオロチとの死闘で疲弊したので、セメントは航海に出ることにした。この日は午前中荷物整理を兼ねて休養し、午後から出航。船中泊。

2017年9月 2日 (土)

20170902

秋に入りました。スポーツニュースのようなもの行きます。

■プロレス

全日両国

・宮原三冠奪回

石川の猛攻を耐え抜き、変形ジャーマンで勝利し三冠王者に返り咲く。

・世界タッグは関本岡林

やはりまだKAI野村では荷が重かったか。

・小島聡、諏訪間に勝つ

ただ諏訪間が負けるブックを全日が嫌ったのか、試合前にドーリングが乱入し諏訪間を襲うアングル。

・ドリー76歳参戦、渕をスピニングトーホールドで下す

ヒロ斎藤と組んで渕カブキと対戦。カブキのアッパー、毒霧を浴びるも最後は渕さんを捕らえてスピニングトーホールドでギブアップ勝ち。お年寄りプロレスなのだが、テーマ曲が流れるだけで感動してしまうのだからオールドタイマーは罪深い。

・アジアタッグはTAKA、NOSAWA(ブラックタイガー7)組が奪取

エボリューション解体の流れからか、佐藤がノサワに丸め込まれる。

■野球

・中日山井1号

39歳でプロ初ホームラン。来年現役続行を確実にする1勝。

・岩瀬2軍戦で1回2失点

疲労なのか年齢的なものなのか、歯車がまだかみ合っていない状態なのか。早期一軍復帰を望む。

・広島失速 5.5差

4番鈴木が足首骨折。中継ぎ疲労で8月負け越し、2連覇に暗雲。

残り19試合で5.5ゲーム差。阪神にもチャンスあるかも。

・阪神メンドーサ獲得

補強はもうできないはずなのだがウエーバーは例外らしい。これは広島殺し対策なのか。去年の日本シリーズでも活躍したし。

・■北朝鮮ミサイル、日本の上空を通過。

裏で糸ひいているのが中国とロシア。しかし北朝鮮が不穏なほど安倍ちゃんの支持率は安定するだろう。困ったものだ。

« 2017年8月 | トップページ