2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月29日 (日)

新説ドラゴンクエスト3 第115日目

115日目 12月22日
夜が明けてネクロゴンドの奥地へ向けて行軍を再開。昨日同様トロルやミニデーモンの襲撃に苦しめられたが、ついにネクロゴンド山脈のふもとにたどりつき、噂にきいていたさらなる奥地に向かうネクロゴンドの洞窟を発見。この洞窟を抜ければバラモス城を望めるところまで行けるらしい。
(行くしかない)
セメントは勇を鼓して洞窟に潜入した。1階は魔族の彫像が立ち並ぶフロアで、敵に出会わず通過できたが、階段を上がった先が通路が続くフロアで、探索を続けるうちに敵に遭遇した。トロル、ミニデーモン、六本の腕を有する地獄の騎士、緑色のホロゴーストの混成軍。セメントはやっかいそうな地獄の騎士に向けて鞭を振るったが一撃では倒せない。そこへホロゴーストが即死呪文を唱えた。過去この呪文を食らった時は飛びのいて波動をかわせたが、今回はまともに波動をくらってしまい、セメントは呼吸ができなくなってしまった。
(あ・・・・が・・・苦しい・・・死ぬ)
即死魔法命中。セメントはその場に崩れ落ちた。目の前が白くなってくる。セメントは砕けそうな意識をつなぎ止め、緊急信号呪文を唱えた。
セメントは呼吸ができない。じたばたともがき苦しむがだんだん意識が薄れてゆく。
「ごぼぼぼ」
セメントは口元から血交じりの泡を吹いて失禁した。
(本当にもうダメだ・・・・母さん、ごめんなさい・・・・)
不審そうに警戒しながら見つめるトロルとミニデーモンと地獄の騎士。ホロゴーストは勝ち誇った表情をうかべている。

次の瞬間、かろうじて救出魔法が発動した。セメントの体はどこかの一室に横たえられていた
「グボボボボボ」
死亡寸前のセメントを見た当直魔道士が蘇生魔法を唱えた。止まりかけていたセメントの心臓の鼓動が蘇り、自発呼吸も再開した。
(ハァ、ハァ、ハァ・・・・)
セメントの息づかいが元に戻るまで十数分を要した。
「ここは・・・」
「イシスの魔道士協会。緊急信号呪文を感知したのであなたをサルベージした」
当直らしい中年の女魔道士が説明する。
間一髪、救難信号が間に合ったらしい。
「悪いけど・・・請求書です。10日以内にゴールド銀行の窓口で払っておいてください」
先ほどの女魔道士が羊皮紙を手渡した。
「あまり無理を・・・しないでくださいね」
そのあとセメントはポルトガ港町の宿屋に転がり込んだ。即死魔法で敗北してしまったのは初めての惨事。息を止められてしまうので殴り倒される以上の苦しみ。
(ネクロゴンドは、噂以上の魔境だ・・・・・・)
8敗目を喫した女勇者セメントは一人旅の苦しさに嘆息した。
セメント・スターリー・エスプレッシーボ(16)レベル36
身長159センチ、体重63.5キロ、孤高の勇者。

2017年10月28日 (土)

20171028

今週のスポーツニュース行きます。

■プロレス

アンドレザ・ジャイアントパンダ ヤフーニュースで紹介される

入場テーマ曲がジャイアント・プレス(アンドレ・ザ・ジャイアント流用)、身長3m(実寸)、体重500kg(という設定) 、ただの着ぐるみなのだが、その巨体から繰り出されるパンチ、頭突き、ボディプレスは殺人級の威力。そしてひとたびエキサイトすれば誰彼かまわず殴り倒すという凶暴性。所属はローカル団体・新根室プロレスだが、大日本のスタン小林との抗争が勃発し、11月17日に上京するらしい。プロレスはファンタジーだ。

■ベイスターズ日本シリーズ進出

首位と14.5ゲーム差の3位なのに、金満巨人とのデッドヒートをなんとか制しての3位なのに日本シリーズに出ていいんだろうか。まあ広島が実戦感覚空いていたのと、鈴木安部エルドが離脱して飛車角落ち打線だったのと、ラミレス監督のマシンガン継投策がハマって(広島打線は2巡目には投手に適応してくるからその前に代えてしまえというベネズエラ人らしい発想)広島を撃破。まああの阪神相手の泥試合で勢いついちゃったんだろう。あと三嶋の遺紺試合。シーズン0勝の投手がクライマックス最終戦で勝ち投手になってしまうのだからプロ野球の奥は深い。まあ日本シリーズは金満ソフトバンク相手だから敵いっこないだろうが。

■村田、楽天行きか。

古巣復帰は叶わず、楽天に拾われる観測。

■自民大勝

堂々の284議席。北朝鮮のおかげって、麻生さん本音言うたらアカン。

2017年10月23日 (月)

新説ドラゴンクエスト3 第114日

114日目 12月21日
昨日通った道を東に進み、サンチャゴ号に乗り込みネクロゴンドヘ。ネクロゴンド大火山を登攀。大火口から噴煙が上がっている。
(ここで父さんが死んだの?)
セメントは預言者のお告げ通り、火山の火口にほこらの牢獄で入手したガイアの剣を投げ入れた。ほどなく地響きが。セメントは危険を感じたので、素早く大火山を降りた。中腹まで降りたあたりで爆発音がして火口から溶岩が流れ出した。大量の溶岩は火山の西側へ流れだし。ネクロゴンド奥地へ通じる湖へ流れ込んで新しい陸地を作り出した。数時間で活発な活動は収まり、セメントは溶岩の流れた方角を双眼鏡で見た。
ネクロゴンド奥地を隔てていた湖の一部が通れるようになっている。
(これは・・・いけるかも)
セメントはサンチャゴ号に乗り込み、火山の北を回りこんで船を降り、陸路をしばらく行って数時間前まで湖の北岸だったところに出た。幅数メートルながら溶岩の上を人が通れるようになっている。セメントは慎重に余熱を持つ溶岩の上を歩いて湖の南岸に出た。シルバーオーブはネクロゴンドの山奥にあるらしい。そこを目指して前進。ネクロゴンドの魔物は恐ろしく強い。鋼の鞭を3回入れてやっと倒せるトロル、強い冷気魔法を放ってくるフロストギズモ、そしていちばん厄介なのが強い炎の塊を放ってくるミニデーモンだった。魔法使いやギズモのそれとは比較にならぬ熱さ。集団で食らってしまうと危険なので真っ先に倒すようにしたが、戦闘で勝つたびに最強回復魔法を唱えねばならない状況が続いた。夜が深くなり、夜間の行軍は危険と判断したセメントは野営を判断。焚火をしながら剣を抱いてしばしまどろむ。

2017年10月22日 (日)

新説ドラゴンクエスト3 第111・112・113日

111日目 12月18日
氷海の岬を回ってムオル、ジパング沖経由でダーマへ。ダーマの宿坊泊。

112日目 12月19日
オーブ入手のため、いよいよネクロゴンド攻略を果たさねばならない。探査の根拠地をイシスに定めることにした。船で近いのはアッサラームだが、魔道士協会が発達しているのはイシスの方で、戦いに敗北して殺される手前まで行った時の緊急脱出のことを考えるとイシスに根拠地にした方がいいと判断した。この日はアッサラームまでの回航。

113日目 12月20日
イシスの最寄りの港まで船を進め、そこから陸路でイシスへ。まずセメントは王宮の魔道士協会に出向き、相当な額を献金して、救難信号受信の際の早急なサルベージをお願いした。イシス城下町泊。

2017年10月21日 (土)

20171021

今週のスポーツニュース行きます。

10月22日は衆議院議員選挙の投票日です!みなさん投票に行きましょう。国家権力に意思表示できる数少ない機会です。

■全日10.21横浜

秋山大森世界タッグ奪取

25周年祝い。セレモニーには川田と小橋も来た。渕さん橋誠、和田京平と一緒に記念撮影。全日同窓会みたいだ。

ドーリング三冠奪取

諏訪間を下して3冠返り咲き。一時は脳腫瘍でリング復帰も危ぶまれたが奇跡の戴冠。

渕さん63歳

横浜大会でも丸山竹田相手にボディスラム、バックドロップを見せるも最後は丸山に丸め込まれる。

■野球

DeNAファイナルステージ進出、2勝2敗

阪神戦の2戦目泥試合で13点取って勢いつけたか。そして広島戦でここまで2勝2敗。ひょっとしたらひょっとするかも。

今週はこんなところ。

2017年10月17日 (火)

新説ドラゴンクエスト3 107~110日目

107日目 12月14日
幽霊船探索のため、サンチャゴ号を東に進め、ロマリアで一泊。

108日目 12月15日
アッサラーム街道への沖合で幽霊船を発見したので横付けして乗り込む。船内の構造は単純だったので、あっさりと愛の思い出を入手。これでほこらの牢獄へ行くことができるが、その前にフチザキバークの様相が気になったので西へ。夜にフチザキバークを訪れたが、路地裏でフチザキに不満を持つ町人たちがクーデターの計画を練っていた。なんでもカジノ館建設のための労役・出資割り当てでもめてしまっているらしい。しかしフチザキは側近のコンサルタントたちと都市計画作りに夢中。順調に発展してきたフチザキバークが曲がり角にきたか。。フチザキバーク泊。

109日目 12月16日
ほこらの牢獄探索のため、東へ進み、シャンパーニ、ノアニールの沖合を航行して北の海へ。船中泊。

110日目 12月17日
ホビットのほこらから内海に入り、オリビア岬の呪いにかかったあたりで愛の思い出を使い、難所の岬を通過。ほこらに牢獄にたどり着き、白骨化した勇者サイモンの亡骸のそばからガイアの剣を入手。これでネクロゴンドに乗り込める。 来た道を戻って東へ、船中泊。

*************************

10月22日は衆議院議員選挙の投票日です。皆さん投票に行きましょう。棄権は罪です。消費税10%アップ、社会保障改革、働き方改革、それぞれの一票を最善(いなければ次善、三善)の候補に託しましょう。

2017年10月16日 (月)

新説ドラゴンクエスト3 105・106日目

105日目 12月12日
「そなたは・・・わしの命の恩人じゃ・・・・」
救出された本物の王様は数年の間地下牢に投獄されていたためかかなり衰弱していて、王の公務もままならぬ状態だったのでしばらく療養が必要なようだった。

サマンオサを昼前に出て、街道を進み東の教会からグリンラッド南のほこらでサンチャゴ号に戻り、グリンラッド老魔道士の家へ。さっそく手に入れた変化の杖を渡し、代わりに幽霊船をおびき寄せるという船乗りの骨を入手。幽霊船はロマリアの近くにあるらしい。そのあと船を南にすすめ、船中泊。

106日目 12月13日
ボストロール討たれる。この知らせは魔族の間諜によってまたたくまにネクロゴンドのバラモス城に伝えられた。
「クソ馬鹿が」
魔王バラモスはすぐ緊急対策会議を招集した。側近のエビルマージ数名を玉座の間に入れて3時間ほど対策を協議。
「問題なのは」
バラモスが渋面を浮かべながら口走る。
「アリアハンの養成所上がりの小娘が3か月半であのお方からお預かりした魔族の幹部、ヤマタノオロチとボストロールを一人で殺すところまで力をつけてしまったことだ。これだから人間というやつはまったく油断ならぬ。あと1-2か月くらいでここに乗り込んでくるやもしれん。草の根分けても見つけ出して殺せ!」
「承知しました」
「かしこまりました」
側近のエビルマージ衆が返答する。事ここに至ってバラモス軍も女勇者セメントの深刻な脅威を認識せざるを得なくなった。

「だがまだシルバーオーブはわが軍の手にある。大魔道ブルガリチャン」
「・・・・お呼びかな?」
末席にいた魔族の老魔道士が答える。かつては大魔王ゾーマの側近で鳴らした大魔道ブルガリチャンも老境に入り、いまではバラモス軍団の指南役を務めている。
「申し訳ないがバラモス城の東の砦に入ってくれ。女勇者がネクロゴンドに潜入してくるのは時間の問題だ。我が手勢の八割をネクロゴンドの洞窟に投入して迎え撃つ。何が何でも奴の進撃を洞窟で止める。しかし万一洞窟を抜かれてしまっても、そのころは奴も疲弊消耗しきっているはずだ。砦におびき寄せシルバーオーブを渡すふりをして殺せ。」
「承知した」
(ククク・・・これでネクロゴンドの守りは完璧。女勇者よ、せいぜい我が虫篭の中でもがき苦しむが良い)
ほくそ笑む魔王バラモスであった。
**********************

(すごい・・・・フチザキ、いつの間に・・・)
発展状況を見るために立ち寄った寒村はフチザキバークと名を変えていた。11月4日にフチザキを預けたのだが、以前の寒村の雰囲気はまったくなく、わずか1か月余りで大きな市街に変貌を遂げていた。アイドルが歌って踊る劇場を建設したところ、それを目当てに訪れる旅人、移住する人々が激増したらしい。フチザキは街の奥に屋敷を構えていた。まだまだカジノや競馬場など、いくつものプランを温めているようで、この街をもっともっと大きく、アッサラームをしのぐ娯楽都市に向けて活性化するという野望があるらしい。宿屋で一泊。

:*******************

10月22日は衆議院議員選挙の投票日です。皆さん投票に行きましょう。内閣総理大臣を選ぶのは国会議員です。政治に意思表示できる数少ない機会です。

2017年10月15日 (日)

インスタグラム始めました

宮原選手を見習って、instagram始めました。

いろいろ画像を上げてゆきたいと思います。

https://www.instagram.com/konnopro/?hl=ja

★10月22日は衆議院議員選挙の投票日です。皆さん投票に行きましょう。小選挙区と比例代表、自分の考え方や社会的立ち位置の意見をくみ取ってくれると思われる候補や政党に一票を託しましょう。

2017年10月14日 (土)

20171014

皆さんこんばんわ。

■10.22衆院選、安倍自民大勝確実

アベノミクスがそれなりに数字で見える(GDPとか有効求人倍率とか)成果を出していて北朝鮮情勢が緊迫しているのでは自民党政権の継続もやむなし、消費増税も致し方ないということか。小池希望の党は失速、立憲民主は希望と食い合って自民を利するだけ。まあ皆さん、棄権せず投票に行きましょう。

■諏訪間三冠奪取

宮原をラストライドで下して三冠返り咲き。まあ宮原と並ぶ2大エースにしたいという秋山社長の思惑なんだろうな。

■大仁田10.31後楽園で引退

対戦相手は藤田和之、NOSAWA,カシン。還暦ということもあり今度こそ本当に引退するらしいが・・・

■巨人村田戦力外

FAで取った選手はいらなくなれば手放す。FA制度自体揺らぎかねないと思うのだが。

今週はこんなところ。

2017年10月 9日 (月)

新説ドラゴンクエスト3 103.104日目セメントVSボストロール

103日目 12月10日
偽サマンオサ王との対決のため、四たびサマンオサに向かった。出港し、西の大陸へ。フチザキを残した街へ立ち寄ってから前回と同じルートでグリンラッド南のほこらへ。ワープゾーンを経由してサマンオサ東の教会へ。夜のサマンオサ街道を歩いて、夜遅くサマンオサ城下町で一泊。

104日目 12月11日
夜になるのを待ってからサマンオサ城内に勝手口から潜入。忍び足で歩いて王の寝室にたどり着き、寝ている王に向かってラーの鏡を取り出して差し向けると、まばゆい光とともに現れたのはおどろおどろしい化け物の姿が・・・・

(やっぱりそうか)
「見たなあ?けけけ、生かして帰すにはいかぬぞえ」
セメントは黙って草薙の剣を抜いた。

「わしは魔王軍の第一軍団長、ボストロール。セメントよ、お前の快進撃もこれまでだ。魔族の実力、そして真の恐怖を味わわせてやる」

ボストロールとの戦いは苛烈を極めた。基本的には大きな木製の棍棒で殴りかかってくるだけなのだが一撃一撃が痛い。そして時折守備力低下呪文を織り交ぜてくる。守備力低下は兜を予備の物にかぶりなおせば無効化できたが、続けざまの一撃が痛い。

なんとか集中力を切らさないように強烈な一撃を盾で受け止め続ける。左腕がしびれてきたが粘って剣で反撃。効いているはずなのだがボストロールも先日のヤマタノオロチ同様、異様にしぶとい。斬っても斬っても効いたそぶりを見せず殴りかかってくる。セメントは最強回復魔法を唱えながら地道に反撃を重ねた。とにかく棍棒の一撃をきちんと盾で受け止める事。それだけに集中しダメージを最小限に抑えることに努めた。ヤマタノオロチ戦同様のこう着状態が続いたが、おびただしい出血が響いたのか、ついにボストロールがふらつきだしてきて、そこを見逃さずセメントがぶっとい太ももに斬撃を叩き込んだ。
「グ・・・・ギャアアアア」
ボストロールは不利と判断したのか、王の寝室の窓ガラスを突き破って逃げようとしたが、深手を負っており城壁をジャンプで越えられず、そのまま城の中庭に墜落し動かなくなった。騒ぎを聞きつけた衛兵がボストロールの死体を取り囲む。
セメントが叫ぶ。
「本物の王様は地下牢にいます!早く救出を!」
そして夜が明けた。ふと偽国王のベッドの下をさぐると、変化の杖が見つかった。これを持ってグリンラッドの老魔道士を訪れれば、先の道が開けるらしい。

2017年10月 8日 (日)

新説ドラゴンクエスト3 第100.101.102日 ラーの鏡

100日目 12月7日
サンチャゴ号も魔鉱石を使ってポルトガへ戻ってきてくれた。セメントは負けず嫌いなので、第3次サマンオサ洞窟探査行を決断した。
出港し、西の大陸へ。フチザキを残した街へ立ち寄ってから前回と同じルートでグリンラッド南のほこらへ。ワープゾーンを経由してサマンオサ東の教会へ。夜のサマンオサ街道を歩いて、夜遅くサマンオサ城下町で一泊。

101日目 12月8日
サマンオサ南の洞窟は宝箱がやたら多い。しかしよく調べてから開けないとミミックに遭ってしまう。一度だけミミックを開けてしまったが、即死魔法にやられてしまう前に撃破できた。地下2階の探索を続けてゆくと床に穴が開いているのが見えた。何かあるなと思って落ちてみると地底湖の小島に出た。そこにはまた穴と宝箱。慎重に宝箱を開けてみるとラーの鏡を発見した。金色の細工で縁取られたいかにも魔力の宿っている鏡だ。
(これで・・・サマンオサ王の秘密を暴けるの?)
とりあえず穴に落ちて洞窟の最下層へ。そこから登り階段をたどり、なんとか宝箱の多い地下2階まで戻ってきた。ここでゾンビマスターの集団に遭い魔力が完全に尽きた。セメントは歯を食いしばって地下1階の通路を進み、何とか地上に出て、サマンオサ城へころがりながらたどりついた。宿屋で一泊。
しかし街をあるく衛兵が心なしか多くなったように感じた。
(ボクが南の洞窟に出入りしていることを偽の王が知ってしまったとすると・・・・殺しにかかってくるかもしれない)
そう考えると枕を高くして寝られたものではない、

102日目 12月9日
セメントはいったんポルトガに戻ることにした。もう何度めかのサマンオサ街道を東に進み、ワープゾーンからグリンラッド南のほこらに出て、サンチャゴ号に乗り換え南へ。夜の海を船は進み、夜遅くポルトガに到着。

2017年10月 7日 (土)

20171007

皆さんこんばんわ、WAS没頭中筆者のkonnoです。

■野球

DeNA2年連続CS出場。

金満巨人まさかの4位。DeNAが最後の広島戦に打ち勝ち(ウィーランド3号HR、4打点!)CS確定。

石井琢打撃コーチ、広島を今季限りで退団

理由は家族と過ごしたいから。水面下で在京球団と話がついているのだろうか。広島にとっては大きな痛手。

■プロレス

渕さん63歳、前橋、三条大会に出場、

グレート小鹿ら大日本勢と対戦も、関本のアルゼンチンバックブリーカーに敗北。

■希望の党

寄せ集め集団にして何とかして選挙に通りたいだけの欲望の党。しかし小池さんはいまのところ都知事をなげうってまで出馬するつもりはないらしい。政界一寸先は闇。民進のリベラル派は立憲民主党を旗揚げ。

2017年10月 4日 (水)

2017全日横浜大会観戦記(4)

メインイベント 宮原健斗、野村直矢、KAI,青柳優馬VS石川修司、吉江豊、マッシモ、ダニージョーンズ。
ネクストリームの3人とKAIを加えたチームに石川、吉江、外人2人の混成チームがぶつかるメイン。裁くレフェリーは和田京平。序盤は軽量の青柳が捕まる展開。青柳が吉江の巨体に弾き飛ばされる。丸め込もうとすると尻で潰される。マッシモがよく声をだし自軍を励ます。石川はフットスタンプで青柳を苦しめる。やがて試合が8人タッグらしくバタバタと荒れてくる。和田レフェリーは相変わらずの厳格レフェリング。いらだつ宮原は「外人2人調子に乗ってる!」と声を荒げる。吉江はジャンピングボディプレスを野村に見舞うが2で返されるとコーナーに登ってダイビングプレスを見舞おうとするがKAIが阻止。その間に野村が雪崩式ブレーンバスターで投げて、スピアーで追撃。しかし吉江も空中胴締め落としで反撃、巨体を生かした攻めだ。最後は4対4のバタバタした状況下、若いジョーンズがつかまってしまい、宮原の膝蹴りでふらついたところをジャーマンを食らって終了。勝負タイム20分そこそこ。吉江の奮闘が光った一戦。

敗れた4人が悔しげに引き揚げた後、まず勝ったKAIが「今日は仲間だったけど12日の後楽園は違う、何が何でも宮原に勝つ」と宣言して引き揚げ。そのあとネクストリームの3人がマイクで締めて(宮原の自意識過剰キャラはもう飽きたのだが)終了。全6試合で2時間ちょい、コンパクトにまとまったいい興行だった。もう残り少ないであろう渕さんのシングルマッチの雄姿が見れて幸せ。帰りは市営地下鉄、横浜戦で八王子を回って、21時半ころ帰宅した。

2017年10月 3日 (火)

2017全日横浜大会観戦記(3)

第4試合 征矢学 田中稔、岩本煌史VS秋山準、大森隆男、丸山敦

後半の3試合は打って変わってタッグマッチが続く。両チームともに名曲「GET WILD」で入場。この試合は第1試合と同じ李日韓レフェリー。征矢が「俺がワイルドだ!」と大森に攻撃するが、大森も「お前には負けねえ」とやり返す。中盤、秋山、大森、丸山が3人連続でパイルドライバーを岩本に仕掛ける。しかし岩本も耐えて大森にDDTをお見舞い。そして再び大森と征矢が熱い攻防。秋山は頭突きやニーアタックなどの荒々しい攻め。最後は6人が入り乱れるバタバタした状況の中、田中稔が丸山をグラウンドコブラで丸め込んで3カウント奪取。勝った田中は秋山社長へGAORA王座どりをアピール。今の2で返したよと客席にアピールする丸山だが判定は当然覆らず。秋山がいい加減にしろよと丸山を叱る。まあまあと仲裁する大森取締役だった・・・

セミファイナル 諏訪魔 青木篤志 スーパータイガーVS佐藤光留、和田拓也、松本崇寿

エヴォリューションの一員としてファイトしていた佐藤だが、ついに諏訪魔を裏切り、エヴォリューションを抜けた。きょうはセミでハードヒット系のレスラー和田、松本を引き連れて登場。諏訪魔、青木にスーパータイガーを加えたエヴォリューション軍と対峙。
「お前何いつの間に裏切ってんだよ」とタイガーが挑発。6人タッグなのだが、佐藤のパートナーは軽量級の格闘技寄りの選手なので、レスラーの怖さや凄味が感じられないので諏訪間側がどう考えても有利。

松本、和田も関節技の切り返しなどで存在感を発揮したがこれは相手が付き合った感が。それに6人タッグなので関節技で決まるとも思えない。後半はボンバ―斉藤のザルレフェリングを悪用し2人がかりのアキレス腱固めなどを見せた佐藤組だが、後半になり試合が荒れてくるとエヴォリューションの連携の前になすすべなく、諏訪魔がラリアット乱発、フロントスープレックスでペースをつかむと、松本をバックドロップ一発で仕留めた。まあエヴォリューションの貫録勝ち。しかし諏訪魔はこのさきどういう扱いを受けるのだろうか、暗然とせざるを得ない。

2017年10月 2日 (月)

2017全日横浜大会観戦記(2)

第3試合 TAJIRIVS渕正信

Img_0303

この試合が観たくて横浜まで来た。WWEで活躍したくせ者レスラー、TAJIRIと渕さんがシングルで激突。デンジャーゾーンがかかっただけで満足。Tシャツを脱ぐ渕さん、63歳でも体型はそんなに変わっていない。両雄握手の後試合開始、そしてTAJIRIとまともに序盤の攻防をやる。渕さんはTAJIRIの腕に照準を定めアームブリーカーで痛めつける。やや劣勢となったTAJIRIは顔面かきむしりで反撃、しかし渕さんも顔面かきむしりのお返し。そして渕さんが持ちネタのヘッドロックパンチ、ボディスラムで優位に立つ。ならばと渕さんはバックドロップをねらったがTAJIRIが踏ん張ってこらえ、そのまま勢い余ってボンバ―斉藤レフェリーに体当たり気味の激突。そして倒れたところを蹴りつけ、ボンバ―斉藤レフェリーをダウンに追い込む。無法地帯を作り出すあくどい手段か。そしてTAJIRIは逆転を狙って赤い毒霧を噴射したが、よく見ていた渕さんは両腕でガード、渕さんの上半身が赤く染まる。

「汚ねえな!」これで怒った渕さんはパンチを連打。場外に逃げたTAJIRIだがなおも渕さんパンチを連打しTAJIRIを客席へ向けて殴り倒す。何とかリングに戻ったTAJIRIだが渕さんのドロップキックが炸裂!こんな63歳がいるだろうか。しかしTAJIRI、吹っ飛びながらその勢いで斉藤レフェリーに体当たり!なんとずるい。これでボンバ―斉藤レフェリーは昏倒。
渕さんはバックドロップを低い軌道ながら仕掛けたが、ボンバ―斉藤はダウンしておりカウントが入らない。異変に気付いた渕さんはボンバ―斉藤を懸命に引きずり起こそうとする。ふらふらと起き上ったボンバ―斉藤、渕さんは2発目のバックドロップを仕掛けようとしたがこらえたTAJIRI,至近距離で渕さんの顔面に2発目の毒霧、こんどはグリーンを発射!こんどは顔面に命中。すかさず足を取って丸め込んだTAJIRI,これで3カウントが入ってしまった。

ゴングが鳴るや、逆転勝利を収めたTAJIRIはつむじ風のように去って行ってしまった。渕さんは顔面が緑に。シュールな光景だ。一応猛毒という設定なので足をばたつかせてもがき苦しむ渕さん、演技派だ。白いタオルで顔を拭くが苦しそう。視界を奪われているのでリングを降りるのも一苦労。セコンドの岡田につかまりながら引き揚げた。

ここで休憩時間。エレベーター前で敗れた渕さんと遭遇。

「くそ・・・目がっ・・・・」苦しそうな表情で(控室が上の階にあるので)エレベーターに乗り込む渕さんだった。

2017年10月 1日 (日)

2017全日横浜大会観戦記(1)

2017.09.09
全日本横浜ラジアントホール大会大会 観戦記

休みの日に全日本プロレスの横浜大会があり、渕さんのシングルマッチが組まれたので観戦を決意した。63歳に老体レスラーにシングルマッチをやらせて大丈夫なのかとも思うが、相手もくせ者のTAJIRIなのでいい試合が観られるかもしれないと思った。昼過ぎに高幡不動の自宅を出て、分倍河原、武蔵小杉で乗り換えて、みなとみらい線終点の元町中華街で下車。山下公園で少しだけ海を見た後、中華街を散策し、適当な店で五目焼きそばとふかひれスープ、チンタオビールの昼食。

そのあと横浜公園を歩いて関内駅構内を横切り、横浜ラジアントホールへ向かう。去年も一度来ているので大体の道順は覚えている。15時半過ぎに会場に到着。リングサイドの当日券5500円を入手できた。16時に開場。スマホゲームをやりながら試合開始の17時を待つ。17時になり、リングアナの前説、カード発表そしてゴングが5回鳴らされた。異次元空間のワクワク感を感じる。

第1試合 阿部史典VS岡田佑介
デビューして1年足らずの岡田だが、身体つきはそれなりに出来上がっており線の細さは感じない。いっぽうの阿部はスポルディーバという団体で最近デビューしたプロレスラーと僧侶の二足のわらじを履く若手。裁くレフェリーは李日韓。全日若手の岡田もヘッドロックを起点によく攻めた。ドロップキック3連発、ボディスラム、逆さ押さえ込み、首固めを繰り出すが、阿部も蹴りで反撃して、岡田のミサイルキックを受けきって、変形卍固めであっさりギブアップを奪って勝利。新人の岡田、シングル初勝利が遠い。

第2試合 吉岡世起VS中島洋平。
全日のチャラ男中堅レスラーキャラの中島洋平が、W-1のクルーザー級王者吉岡世起と対戦するカード。裁くレフェリーは二子玉川。中島もフェイントをかけてからのトペスイシーダなどで攻めたが、吉岡は2発目のダイビングフットスタンプをかわし蹴りで反撃。中島はジャーマンを繰り出すなど粘ったが、最後は吉岡がスライディングキックを決めて3カウント奪取。

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »