2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« メリークリスマース | トップページ | 20171230 »

2017年12月26日 (火)

新説ドラゴンクエスト3 第130.131.132日目

130日目 1月6日
サマンオサの森の中で夜まで索敵。いまごろバラモス軍は私の行く手を全力で追っているはず。となるとボストロールがいなくなって指揮系統が混乱しているサマンオサが一番隠れるにはいいのではないかと判断した。コングやキラーアーマーを掃討しつつ夜になって宿屋泊り。

131日目 1月7日
次にバラモスとやるときは負けは許されない。
自分がバラモスの立場だったらどうするか。配下にできない以上は殺してしまうか、脱出不能なところに半永久的に監禁してもてあそぶ、というパターンだろう。バラモスの性癖から考えると後者を選ぶか・・・・それは死より恐ろしい。だから次やるときは絶対に負けられない。しかしバラモスの耐久力は異様だ。あの時、斬っても斬っても傷跡が再生したのは記憶に新しい。
(一体どうすればいいのか・・・)
考えた末に出た結論は、一撃一撃を重くするほかないというものだった。
この日はサマンオサ南の洞窟で魔物を掃討訓練。ゾンビマスターの集団の魔力吸収がうるさかったが、あとはたいして問題なく掃討。サマンオサ宿に一泊。

132日目 1月8日
引き続きサマンオサ南の洞窟で雑魚敵を倒しながら鍛錬を重ねる。ボクに一の恥辱を与えたバラモスをいますぐぶっ殺しに行きたいが、いまはまだ力をつけるべきだということはこの間の戦いで痛感した。この日もサマンオサの宿屋泊り。

« メリークリスマース | トップページ | 20171230 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。