2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月30日 (土)

20180630

スーパー忙しい。

■プロレス

中邑真輔、警察犬にかまれ日本公演欠場。

本当なのか、アングルなのか定かではないが、会場で警察犬に脚を噛まれドクターストップ。悔しいワン。

中島洋平、壊れる

青木とのジュニアベルトをめぐるアングルだと思うが、「みんな俺をバカにしてんだろ」と叫び、おかしくなってしまう。痛いね。

■野球

岩瀬976登板

今週は土曜日の巨人戦の8回に出てきて1回を無失点に抑える。もう怖くて勝ちパターンには使えないようだが・・・。

■サッカー

日本、決勝トーナメント進出。初台の居酒屋でポーランド戦の終盤を見たが、1-0で負けてるのに時間稼ぎの球回し。唖然としましたが、コロンビアがセネガルに勝つと信じた西野監督が賭けに出て、下手に攻めに出て反撃食らって2点目を失点するよりかは1-0で終えて最悪のパターンを回避する策を選び、結果的にうまく行きました。でもまあベルギー戦で負けちゃうんだろうな。

■無敵の人の事件が続出

新幹線とか交番襲撃とか。妻も子供もいなくて職も安定しない男性は失うものは何もない。むしろ刑務所で思考停止したほうが良い暮らしができる。ハイブリッド資本主義の弊害が。鞭打ちとかの身体刑は人権を考えるとできない。もうこの世は世紀末。どこでザラキを食らうかわかったものではない。

2018年6月24日 (日)

訃報

新日本、全日本、NOAHで最強外人として活躍された

ビッグバン・ベイダーさんが6月18日、亡くなられました。(享年63)

190cm、170kgの巨体のわりにパワーボムやジャーマンやムーンサルトまで使いこなしており、凶暴さとパワーと器用さを併せ持った凄いレスラーでした。

筆者は全日参戦時の映像を多く見ていたのですが、試合の序盤からあの剛腕を振り回してのベイダーハンマーで殴りまくるファイトスタイルはただただ脅威。そしてベイダーアタックと称される体当たり、リバーススプラッシュやビッグバンクラッシュといったプレス系の技。まさに「圧倒的肉体」が猛威を振るっていました。

98年の最強タッグで、スタンハンセンとの不沈皇帝タッグは忘れられません。49歳で衰えの見えてきたハンセンをベイダーが無茶苦茶ファイトで引っ張り、ハンセンもそれに引っ張られて暴れるという。リーグ戦を全勝しこのまま優勝するかなと思われましたが、98年12月の(馬場さん最終試合のあった)武道館の決勝戦で、勝利まであと一歩というところで秋山の不意打ちミサイルキックを食らったベイダーが場外に落ち、その一瞬のすきを見逃さず小橋が不意打ちラリアットでハンセンをフォール。あのときはハンセンも老いたかと複雑な気分になりました。

しかし私生活は酒浸りで(ノアマットで外人係をやっていたM井上の回想によると一晩で焼酎3升!)酔ったあげくホテルの自室で錯乱しナイフで自傷行為をやり激怒した三沢社長に解雇されたこともありました。晩年は心臓に不安を抱えながら何度か来日されていました。

長い間ありがとうございました。合掌。

2018年6月23日 (土)

20180623

暑くなってきました。

■プロレス

・ウルティモドラゴン&TAJIRIタッグ結成

元WWEタッグ。全日ジュニアタッグリーグ優勝のために手を組んだらしい。

・スーパーストロングマシン引退

2014年以降ファイトはしていないが、今回けじめをつけるために引退興行を行う。メインは5人の後輩がマシンマスクをかぶり(永田中西天山棚橋田口)、内藤らロスインゴ軍と10人タッグに対戦。マシンはセコンで緒についていたが試合終盤のバタバタで場外で内藤にラリアットを決める。猪木時代からの長い間の活躍、お疲れ様でした。

■野球

・交流戦首位はヤクルト

パリーグ優勢の中ヤクルトが勝率1位。投手陣が大崩れしなかったのも大きいが石井打撃コーチ効果も多少あるのだろうか。

・中日岩瀬975登板

リーグ戦再開の6/22DeNA戦で同点の延長10回に登板し無失点でしのぐ。往年の輝きはないが、今できることを懸命にやるその姿。DeNAファンの私もこのときばかりは打ってくれるなと思ってしまった。勇退まであと25試合。勇姿を胸に焼き付けろ。

■サッカー

4年前負けたコロンビアに2-1で勝利。序盤に相手が1人退場し数的有利を得たということとハメスロドリゲスの体調があまりよくなく本来の動きではなかったのに救われたか。

今週はこんなところ。

2018年6月16日 (土)

20180616

皆さんこんばんわ、今週のスポーツニュース行きます

■プロレス

ケニー・オメガ、IWGP戴冠

60分越えの死闘、3本勝負を2-1で制してIWGP王座戴冠。まあ新日本も社長が代わったり、海外市場に打って出たりするようなので世界戦略の一環なのだろう。

宮原三冠防衛

ディランジェイムスを破って防衛成功。次の挑戦者は大阪でゼウス。ゼウスにも一回3冠を巻かせて箔をつけるのもありかもしれない。

■野球

中日岩瀬老残

交流戦に入ってから打たれ出して、気づいたら、防御率6点台。これはもう落日なのか。登板数は974まで積み上げたがあと26登板できるかどうか。当面は楽な場面で投げさせて復調を待つようだが・・・

楽天梨田監督解任

親会社のオーナーが決断したか。借金20になったので本人から申し入れがあったということにされてはいるが・・・当面は平石ヘッドが代行で指揮を執るとのこと。

■トランプVS金正恩

シンガポールで首脳会談。非核化の約束はしたが時期や方法はあいまい。2年後の大統領選挙までのらくらと引き延ばすつもりか。拉致被害者の件は兆単位で北にカネを渡せば戻ってくるかもしれないが、そんなことをしたら政権が持たないんだろうな。

2018年6月10日 (日)

近況とか

WAS2はツミゲーのままです。時間がないので。

最近はプロレスも観に行けない日々。

渕さんの出場日と休みが合わないので。

このブログも土曜のスポーツニュースぐらいになってきました。

最近動画で見ているのは1992年10月の全日本

馬場ハンセンドリーVS鶴田アンドレゴーディ。

https://www.youtube.com/watch?v=70CbuiaU2gk

最後の首固めの応酬が予定調和といわれても。

2018年6月 konno

2018年6月 9日 (土)

20180609

暑くなってきた

■プロレス

青柳優馬復帰。

ジェイクのバックドロップに敗北もネクストリームで引き続き宮原野村と暴れていくらしい。

ディファ有明閉鎖

全日本がディファ有明で最終興行。そういえばこけら落としも2000年7月のあれだった。最終興行に出た渕さん「感慨深い」と。

■野球

岩瀬防御率4.70

木金と連投するも失点続き。通算登板数は972まで伸ばしたが・・・・早くも夏バテか。

2018年6月 3日 (日)

新説ドラゴンクエスト3 第222日・223日

222日目 4月6日
驚くべきことに王者の剣が完成していた。オリハルコンを預けてから2日、マイラの刀鍛冶の腕は凄い。刀身を眺めるとまばゆい輝き。
(これは最終決戦にとっておこう)
1対多の戦いであれば鞭を振るったほうが効率が良い。セメントは王者の剣を袋に入れ、マイラ村を出発した。リムルダールの南にあるという聖なるほこらを目指して航海。
沿岸伝いに船を進め、ガライ宅の沖を通ってラダトーム近くまで船を走らせ、ラダトームまで歩いて宿屋に投宿。

223日目 4月7日
ラダトームの海にも魔物は出るが、巨大なイカの怪物クラーゴンやキングマーマンもセメントの敵ではなかった。鋼の鞭の乱撃で撃退を重ねる。ドムドーラ沖、メルキド沖を通って聖なるほこらにたどり着く。神官を訪ねて、聖なる守り、雨雲の杖、太陽の石の3点を祭壇の上に並べて、神官が謎めいた呪文を唱えると、大ぶりの宝石のようなものが生み出された。これが魔の島へ渡るために必要な品らしい。
(さあこれでゾーマの島に行ける)
ほこらを出て、船に戻り、船を北に走らせリムルダールの近くに着岸し陸路リムルダールへ。この日はリムルダール泊まり。
セメント・スターリー・エスプレッシーボ(16)レベル80
身長159センチ、体重85.5キロ。凄腕の勇者。

2018年6月 2日 (土)

20180602

色々と大変です。

■プロレス

渕正信64歳グルメリポーターになる

試合数を減らしてグルメリポーターとか・・・渕正信の幸せ昭和食堂で昔懐かしいお店を訪ねる企画らしい。

■相撲

鶴竜2連覇

白い子はまだ完全復調していないので千秋楽の横綱決戦を制す。

栃ノ心大関昇進

伝達式の口上で「親方の教えを守り・・・」とわざわざ親方の2文字を入れる。ゴルフクラブ殴打事件があったのに・・・まあ怪力四つ相撲が技能を覚えて円熟して勝率が上がって大関昇進。膝のケガさえ落ち着けばもう一つ上も狙える。

・安美錦十両転落

幕尻近くで4勝11敗。39歳、十両で再起を図る

・照ノ富士幕下転落

ノーギャラ確定。横綱一歩手前まで行った力士が・・・・

■野球

交流戦スタート

広島・薮田2回に10失点、2軍へ逆戻り

西武打線の餌食に。広島も投手盤石とは言い難い。

今週はこんなところ。

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »