2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« WASオールスターリーグ戦(8) 1日目昼 | トップページ | WASオールスターリーグ戦(9)1日目夜 »

2019年3月 9日 (土)

訃報

日本プロレス・全日本プロレスで活躍された白覆面の魔王、ザ・デストロイヤーさんが3月7日に永眠されました。享年88。

デストロイヤー(destroyer)を直訳すると「破壊する人」恐ろしいリングネームなのですが、足4の字固めを日本マットに持ち込んだ名選手です。

日本プロレスに初参戦されたころは、当時のアメリカ人レスラーの例にもれず、反則凶器流血の悪役外人覆面レスラーだったのですが、ただの悪役ではなくアマレスの技術と、鍛えられた脚力から繰り出される足4の字固めは力道山を大いに苦しめました。

その後は全日マットで活躍され、(プロレススーパースター列伝では、マスカラスに急所攻撃をかますなどあくどい覆面外人として書かれていましたが)善玉レスラーにターンされ、50を過ぎてからも毎年7月に参戦を続け、井上雅や大森らに前座試合でプロレスのイロハを教えていました。

ファンサービスにも熱心で、会場隅の売店でマスクのレプリカを販売しまくったり(レスラーが自らグッズ販売で小遣い稼ぎをするはしり)、日本テレビのバラエティー番組に出演され、レスラーと言えどもリングを降りれば普通の明るいおじさんであることを体現されていました。

93年に馬場、デストロイヤー、息子のカートベイヤーVS渕、永源、井上雅戦を最後に引退されました。引退後も知日派らしくしばしばスポーツ交流などで来日されていました。直近ではALL TOGETHERのバトルロイヤルの立会で元気な姿を見せていましたが、2月のブッチャー引退興行では「ドクターからフライトを止められている」ということでビデオメッセージのみの登場となりました。最期は自宅で家族に見守られて旅立たれたとのことです。合掌。

« WASオールスターリーグ戦(8) 1日目昼 | トップページ | WASオールスターリーグ戦(9)1日目夜 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。