2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« WASオールスターリーグ戦(28) | トップページ | WASオールスターリーグ戦(29) »

2019年7月27日 (土)

20190727

◆総選挙、与党勝利

消費税10%確定。これで10時間働いてもそのうち1時間は国に持っていかれる。そう考えると脱力するが、少子高齢化で社会保障をまかなうためには20%30%まで上げなければならないのかもしれない。移民入れれば回避できるけど治安悪化するだろうからね。教育でホームスイートホームっていいよねって洗脳するほかない。それか30代以上の独身は抽選で強制徴兵するとか。

れいわ新選組は2議席、山本太郎さんは落選したが特定枠で重度のハンディキャップを持つ人2名が議員に。そういう立場の人の代表ということでは理解できるが・・・・6年間活動できるのかしら。シングルイシューのNHKから国民を守る党に至っては言うべき言葉もない。NHKの横暴より中国韓国北朝鮮ロシアの困った隣国とどうやっていくかがはるかに重要でしょう。

◆京都アニメーション無惨

世の中、一番強くて恐ろしいのは失うもののない人だ。仕事も妻も子供も財産も輝かしい経歴もないと、抑止力が働かない。とりあえずガソリンの携行カン売りは規制しないと。
◆韓国
日本の経済侵略ですって。トランプ氏のやっていることを真似した日本もどうかと思うが、韓国は日本の思いもよらぬ報復にうろたえる。経済戦犯国とか不買運動とか東京五輪開催の資格なしとか・・・70年以上前の植民地支配で、なぜ今の日本企業の関係者、サラリマン、納税者が金を取られる損害をおわなければならないのか。でもこういう困った隣国がいる限り、唯一、毅然とした外交交渉のできる自民党政権は続く。これが一番痛い。

◆緒方監督、野間を平手で6発殴る

広島の俊足打者・野間が6月30日のDeNA戦でピッチャーフライを打ち上げたが全力疾走せず、相手投手エスコバーが捕球できず、ちゃんと走っていればセーフになっていたのにというらしくないプレイ。隙あらば野間と緒方監督のお気に入り選手だった野間だが、愛情の裏返しか、緒方監督、試合終了後監督室で殴ってしまう。闘将星野さんの例を出すまでもなく、昔は当たり前だったが今の基準では許されないこと。これは緒方監督今季限りフラグか。気になるのは、週刊誌に書かれる前日に球団が公表し厳重注意したこと。内々で済ませるつもりだったのがリークした関係者がいたということか。


◆鶴竜優勝
白い子との千秋楽決戦を制す。豊ノ島は7勝8敗で幕内死守。魁皇の浅香山部屋から初の新十両誕生(魁勝)。

◆プロレス
G1クライマックス、矢野通、リーグ戦をひっかき回し、プロデュースしたカレーやDVDの販促につなげる。戦いを通じて私利私欲。こういう選手が一人くらいいてもいい。

今週はこんなところ。

« WASオールスターリーグ戦(28) | トップページ | WASオールスターリーグ戦(29) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。