2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2015年9月22日 (火)

シルバーウィークなので2

通常の更新はお休みします。

本業激務で、負けブックを飲まされ続けるシャチクなので。

Dsc_0279


新宿御苑前、海戦居酒屋「源ちゃん」の、刺身定食。1300円くらい

2015年3月25日 (水)

新宿の名店から 長春館の焼肉

新宿で焼き肉と言えば比較的リーズナブルな炭火焼肉の名店、長春館。

昭和29年創業の歴史あるお店ですが、それほど敷居の高い店でもありません。

Yakiniku


ランチの焼肉定食もGOODですが、

夜にガッツリ飲み食いするのもたまりません。

ワイン、ビール、日本酒、ウイスキーと酒類が一通りそろっており、

酒を飲みながらうまい肉を焼き、焼き、食べる。

食においてこれ以上の愉悦はなかなかありません。

2015年3月16日 (月)

新宿の名店から きのこの煮びたし

新宿の名店から

120927_222301_2

新宿西口 吉本

きのこの煮びたし


2015年1月 2日 (金)

年始休業中につき1

新宿の名店から

ロシア料理の名店・スンガリーから

セリョトカ(ニシンの塩油漬け)

Russiaselyotoka

2014年11月11日 (火)

新宿の名店めぐり

新宿西口 オダキュウハルク ハルチカ

おさしみ屋

刺身盛り合わせ

Dsc_0332

2011年7月 2日 (土)

新宿グルメ30 思い出横丁・きくや

新宿西口、ユニクロの入っている建物と大ガードとの間に、小さな飲み屋街が軒を連ねています。

その名も「思い出横丁」

新宿という大都会にもまだ、こういう店が残っていたのかと思わせる感じです。カウンターだけ10席、料理は焼き鳥と煮込みと枝豆、キムチとかの軽いおつまみ程度というお店がゴロゴロしています。

線路よりの通りにあるやや大きめのお店。

お酒の種類もけっこうあり、おつまみもそこそこのラインナップ。

九州直送の黒豚を訴求していまして、豚しょうが焼き650円をセレクト。

やはり思い出横丁の老舗だけあってうまい。

牛すじ煮込みもやや濃い目ながら奥行きのある味。

そしてきくやの一押しは「元祖酎ハイボール」

証するにレモンサワーなのだが、日本で初めてチューハイを出してきたのが

このお店とのこと。レモンがいい香り。

新宿近く、年季の入った店のカウンターでひとり飲む。男のロマンです。

2011年6月24日 (金)

新宿グルメ29 ル・クープシュー

今回ご紹介するのは「ル・クープシュー」

前回紹介した「パリ4区」のすぐ近くにある老舗のお手軽フレンチ。

同じビル3階にこの間紹介した「トルコ料理ウスキュダル」が入っています。

ほの暗い店内、テーブル席とカウンター席が少し。壁にはワインがズラリ。

カウンター席に座ると、目の前でシェフがステーキ肉をフランベしているシーンを目にすることが出来ます。

前菜、メイン、パン、デザート、コーヒーのディナーコースは3990円。

かなり高いですが、メインの牛ヒレ肉のステーキは上々。

ややきつめのガーリックソースがいい味出してます。

バゲットはお代わりできます。バターがクリーミーで上等です。

デザートは洋梨タルトとバニラアイス。まあまあの味。

「手の届くフレンチ」が味わえるいいお店です。

2011年6月11日 (土)

新宿グルメ28 パリ4区

今回ご紹介いたしますのは、

西新宿の飲み屋街にあります

「フランス料理 パリ4区」

フランス料理のお店でありながら、リーズナブルなお値段で、

前菜、スープ、パン、メイン、コーヒー程度のディナーであれば

3000円くらいで楽しめます。(ランチはもっと安い)

店内は高級店という雰囲気ではなく、ワイワイと楽しめるビストロっぽい雰囲気。

カウンター席もあるので、1人でも気軽にふらりと入れます。

トマトとベーコンのスープや、牛ほほ肉のワイン煮込みなど、素材にひと手間かけたフランス料理の技を堪能できます。

ワインの品揃えも豊富。

西新宿で手軽にフレンチを味わいたいのならこの店です。

2011年5月12日 (木)

新宿グルメ27 大使館

新大久保から東新宿にかけてのコリアウタウンが最近の韓流ブームもあって脚光を浴びています。

そのなかで、新宿寄りの職安通りにある高級韓国料理店、「大使館」へ行ってきました。

「大使館」という高尚なネーミング。入口には著名人の写真がズラリ。どうやら名の知れた店のようです。

キムチ盛り合わせ(980円)はそれなりの味。白菜キムチはともかく胡瓜のキムチと大根のキムチは普通の味。サンチュサラダ(650円)も普通の味。

韓国風鮮魚の刺身もあったが、ヒラメ3000円と手が出ないお値段。まあ高級店ですから。

韓国ものといえば焼き肉。上質な肉を使っていると見受けられ、まあまあ美味かったが、たん塩やカルビといった安い皿でも1皿1000円ちょいする。上カルビやサーロインといったアッパーゾーンはは手が出ない。

〆にごはんとズンドゥブチゲ。酒の種類もまあまあ。マッコリ(500円)は癖がなくて飲みやすい。

友人と2人で行って10400円。おいそれと行ける店ではないが、高級韓国焼き肉を味わえるいい店です。

2011年4月24日 (日)

新宿グルメ26 吉本

今回ご紹介いたしますのは

西新宿の盛り場、ビル3階にある隠れ家的居酒屋、

「吉本」

穴場的なお店なのですが、冷蔵ガラスケースには日本酒がズラリッ。

日本各地の地酒の品揃えが凄い。

1合700円くらいからですが、小グラス×3の「飲み比べセット」(1000円くらい)等もあって、たくさんの地酒を楽しむことができます。

しかし、ベースは高級店なので、お通しだけで770円します。

お刺身盛り合わせなんかは時価。怖くて頼めない。

この店のルーツは長野県らしく、刺身こんにゃくや山菜天ぷら(1100円)など、山の幸もけっこう充実。

圧巻は野沢菜(550円)

南アルプス山麓の長野県大鹿村の野沢菜。スーパーでパックで売られているのとは質的に断然違う。本場の信州野沢菜。涙がちょちょぎれるくらいうまい。

酒2杯とお通し、山菜の天ぷらと野沢菜で3900円した。おいそれとは行けないやや高めのお店だが、本物志向の居酒屋です。