2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2018年12月28日 (金)

2018プロレス界10大ニュース

2018年プロレス界10大ニュース

1位:新日棚橋 復権
   G1クライマックスを制し、プロレス大賞にも輝く。やはり映画出演が効いたのか。新日の40代選手によくあるバトルロイヤル要員落ちにはならない。

2位:大仁田7度目の現役復帰
プロレスラーに引退も復帰もない。ワンマッチ1000円のボランティアレスラーとして復帰。海外でも電流爆破をやっていくらしい。

3位:渕正信 幸せ昭和食堂で食レポに挑戦
都内の懐かしい食堂で瓶ビールを飲みながら飯食うお仕事を始める。まだドロップキックが打てるのだからリングで稼いではどうか。全日も試合数増やしてあげて。

4位:ドリー77歳リングに上がる
東京愚連隊マットで西村とエキシビションで10分ドロー。エルボーとスピニングトーホールドをきっちり出していた。ダブルアームは構えだけだったけど。

5位:中島洋平、ブラックめんそーれに変身
ジュニア戦線で勝てなくなり、「馬鹿にしてんだろ!」の壊れたキャラを経てブラックめんそーれとかいうマスクマンに。中堅レスラーの生き残り策。

6位:井上雅央 ノアでタッグリーグに出場
斉藤彰俊と組んでグローバルタッグリーグに参戦。甲斐の怪力・悲しき中年のインサイドワークは健在。

7位:森嶋猛逮捕
酒は人間を破滅へと突き落す。あれほどの活躍をした選手なのに・・・

8位:スーパーストロングマシン引退
引退試合ではマシンが5人に増殖。猪木さんのころからマシンのギミックと若松マネージャーで会場を沸かせていました。平田さんが40年のプロレス人生に幕を下ろしました。
9位:ドーリング・ディランジェイムス最強タッグ優勝
純粋外人チームが最強タッグを制するのはいつ以来だろう。全日も思い切った決断。

10位:ダイナマイト・キッド死去
ステロイドやドラッグの乱用で現役時代も30代で終わり、晩年は歩けなくなってしまったので覚悟はしていたが・・・・

次点 ビッグバン・ベイダー死去
ベイダーハンマーを忘れない。

2018年12月 6日 (木)

訃報

12月5日、新日本・全日本・WWFマットで活躍された
イギリス出身の名レスラー、ダイナマイト・キッド選手(本名 トム・ビリントン)が亡くなられました。
享年60.
イギリスマットでレスリングの基礎を身に着けた後、カナダ・カルガリーを経て新日マットに参戦。佐山タイガーと激闘を繰り広げられました。
シングル戦線のみならず、デイビーボーイ・スミスとのブリティッシュブルドッグスでも活躍されました。
キャリアの後半は全日本に戦場を移し、馬場さん、鶴田さん、三沢さん、天龍選手、渕選手、ハンセン、ゴディ、ウイリアムス、アンドレ、ファンクス、ブッチャーなど実にいろいろなタイプの選手と対決されました。身長173センチ、体重100kgそこそこの小兵ながら、高速ブレーンバスター、ダイビングヘッドバット、ツームストンパイルドライバーなどの大技を使いこなし、また、殴る蹴る頭突きの一撃一撃が非常に切れ味鋭く、観る者の心を揺さぶる凄い選手でした。

全盛期の肉体はステロイドで作られた筋肉であって、その副作用・後遺症に苦しみ、キャリアの終盤は痩せて精彩を欠きましたが、それでもジョニー・スミスとの英国タッグで90年・91年の最強タッグに参戦されていました。91年最強タッグの最終戦、実質的な引退試合では対戦相手のサニー・ビーチにダイビングヘッドを決める前、一瞬だけ客席を見ました。あのシーンは忘れられません。英国国旗をあしらったタイツが実に決まってました。

大きい者こそがスター選手だという馬場さんの美学からは外れていましたが。そのハードなファイトスタイルは私たちの記憶にずっと残っています。

自伝の「ピュア・ダイナマイト」を読みましたが、レスラーのせつなさ・悲しさが感じられる一冊です。現役最後の一戦、コンディション調整に苦しむ中、トミー頑張るんだ、試合が終われば金がもらえるぞ、と自分に言い聞かせてリングに向かったくだりは忘れられません。そのあとすぐ歩くことができなくなり車いす生活、脳梗塞発症でここ数年は闘病生活を送られていました。それでもキッドは自伝に「俺はプロレス人生を大いに楽しませてもらった」と書かれています。

全ての人の最終到達点は死、そうなのですが、
いまも胸にぽっかり穴が開いた気分です。

いいファイトをありがとうございました。合掌。

2018年7月22日 (日)

マサ斎藤さん死去

新日本マット・アメリカマットで活躍された名レスラー、

マサ斎藤さんが7月14日死去されました、享年75.

東京オリンピックのアマレス代表という経歴を引っ提げてプロレス入りし、アメリカマットで活躍されたのち新日本マットで長州、カーンらとタッグを組んで活躍されました。得意技はバックドロップ、監獄固めと、ごつい体形のわりに派手さはなかったのですが、実力者としてプロレス興行を支えていました。

キャリアの後半は新日本プロレス中継の名解説者としても知られており、ごつい風貌でいかにも解説者のおじさんという風格がありました。

晩年はパーキンソン病を患いながらもWJプロレス、健介オフィスに参画し、宮原健斗らをコーチングされました。

合掌。

2018年6月24日 (日)

訃報

新日本、全日本、NOAHで最強外人として活躍された

ビッグバン・ベイダーさんが6月18日、亡くなられました。(享年63)

190cm、170kgの巨体のわりにパワーボムやジャーマンやムーンサルトまで使いこなしており、凶暴さとパワーと器用さを併せ持った凄いレスラーでした。

筆者は全日参戦時の映像を多く見ていたのですが、試合の序盤からあの剛腕を振り回してのベイダーハンマーで殴りまくるファイトスタイルはただただ脅威。そしてベイダーアタックと称される体当たり、リバーススプラッシュやビッグバンクラッシュといったプレス系の技。まさに「圧倒的肉体」が猛威を振るっていました。

98年の最強タッグで、スタンハンセンとの不沈皇帝タッグは忘れられません。49歳で衰えの見えてきたハンセンをベイダーが無茶苦茶ファイトで引っ張り、ハンセンもそれに引っ張られて暴れるという。リーグ戦を全勝しこのまま優勝するかなと思われましたが、98年12月の(馬場さん最終試合のあった)武道館の決勝戦で、勝利まであと一歩というところで秋山の不意打ちミサイルキックを食らったベイダーが場外に落ち、その一瞬のすきを見逃さず小橋が不意打ちラリアットでハンセンをフォール。あのときはハンセンも老いたかと複雑な気分になりました。

しかし私生活は酒浸りで(ノアマットで外人係をやっていたM井上の回想によると一晩で焼酎3升!)酔ったあげくホテルの自室で錯乱しナイフで自傷行為をやり激怒した三沢社長に解雇されたこともありました。晩年は心臓に不安を抱えながら何度か来日されていました。

長い間ありがとうございました。合掌。

2017年12月31日 (日)

2017プロレス界10大ニュース

独断と偏見でプロレス界10大ニュースを選びました。

1位:アンドレザ・ジャイアントパンダ東京参戦

最果ての街、新根室プロレスの企画モノなのですが、身長3m体重500kg(公称)で対戦相手を殴り倒すのだから恐ろしい。テーマ曲がジャイアントプレスって・・・・

2位:大仁田厚、ついに引退?

60歳を迎え、今度こそ本当に引退か。いや、すぐ後に大仁田反省会で極悪レフェリーでパイルドライバーやったし、復帰もあるかもしれないし・・・

3位:諏訪間・石川 暴走大巨人タッグ

最強タッグ優勝を果たす。ラストマウンテンという超強力合体必殺技。

4位:秋山準・大森隆男デビュー25周年

全日20周年にデビューした超新星秋山と浜口ジム上がりの大森さんがもうデビュー25周年でベテランの域。時のたつのは早い。

5位:新日ヤングライオン杯、北村克哉が優勝。

なんつー筋肉だ。32歳ともう若くないので、新日のトップグループに駆け上がってほしい。

6位:高山善廣、回転エビ固め失敗で半身不随

プロレスは死と隣り合わせなのだということを再認識。危険な大技をくらったわけでもないのに、高山ほどの名選手が回転エビ固めの失敗で動けなくなるとは・・・・懸命のリハビリを続けているようだが、もうリングで高山の勇姿を見ることはだきないだろうな。

7位:渕正信 高松大会でメインに登場

8人タッグマッチに出場するも宮原のブラックアウトに沈む。63歳でプロレス興行のメインに出て、20代選手の猛攻を受けて苦しむ。プロレスは奥が深いね。

8位:野村直矢・青柳優馬、アジアタッグ戴冠

露骨なプッシュのような気もするが、全日サイドは若手売り出しに社運をかけておるのだろう。

9位:泉田純さん死去

51歳、若すぎる死。ジャンボ鶴田の付け人として首や肩をもんでいたのが週プロ初登場だったか。悪役商会での活躍、キマラ泉田のデブタッグなど、明るく楽しく石頭持ちの角界出身レスラーだったのだが、2000年にノアに行っていなければ、とも思う・・・

10位:ザ・グレートカブキ引退

居酒屋経営のかたわら、スポット参戦して毒霧やアッパーを披露していたが、69歳という年齢的なものもありリングから完全引退。毒霧の第一人者、しかし試合運びは派手さのない、少ない技で組み立てるスタイル。ありがとうございました。

次点:ジョードーリング復活、三冠戴冠

脳腫瘍からカムバックし全日マットで暴れまわり3冠ベルトも巻く。全日エース外人としてますます活躍してほしい。

2017年11月12日 (日)

アンドレザ・ジャイアントパンダ

リングにそびえ立つ、君の勇姿。

https://www.youtube.com/watch?v=_2wd6fRM8QI

2017年10月 4日 (水)

2017全日横浜大会観戦記(4)

メインイベント 宮原健斗、野村直矢、KAI,青柳優馬VS石川修司、吉江豊、マッシモ、ダニージョーンズ。
ネクストリームの3人とKAIを加えたチームに石川、吉江、外人2人の混成チームがぶつかるメイン。裁くレフェリーは和田京平。序盤は軽量の青柳が捕まる展開。青柳が吉江の巨体に弾き飛ばされる。丸め込もうとすると尻で潰される。マッシモがよく声をだし自軍を励ます。石川はフットスタンプで青柳を苦しめる。やがて試合が8人タッグらしくバタバタと荒れてくる。和田レフェリーは相変わらずの厳格レフェリング。いらだつ宮原は「外人2人調子に乗ってる!」と声を荒げる。吉江はジャンピングボディプレスを野村に見舞うが2で返されるとコーナーに登ってダイビングプレスを見舞おうとするがKAIが阻止。その間に野村が雪崩式ブレーンバスターで投げて、スピアーで追撃。しかし吉江も空中胴締め落としで反撃、巨体を生かした攻めだ。最後は4対4のバタバタした状況下、若いジョーンズがつかまってしまい、宮原の膝蹴りでふらついたところをジャーマンを食らって終了。勝負タイム20分そこそこ。吉江の奮闘が光った一戦。

敗れた4人が悔しげに引き揚げた後、まず勝ったKAIが「今日は仲間だったけど12日の後楽園は違う、何が何でも宮原に勝つ」と宣言して引き揚げ。そのあとネクストリームの3人がマイクで締めて(宮原の自意識過剰キャラはもう飽きたのだが)終了。全6試合で2時間ちょい、コンパクトにまとまったいい興行だった。もう残り少ないであろう渕さんのシングルマッチの雄姿が見れて幸せ。帰りは市営地下鉄、横浜戦で八王子を回って、21時半ころ帰宅した。

2017年10月 3日 (火)

2017全日横浜大会観戦記(3)

第4試合 征矢学 田中稔、岩本煌史VS秋山準、大森隆男、丸山敦

後半の3試合は打って変わってタッグマッチが続く。両チームともに名曲「GET WILD」で入場。この試合は第1試合と同じ李日韓レフェリー。征矢が「俺がワイルドだ!」と大森に攻撃するが、大森も「お前には負けねえ」とやり返す。中盤、秋山、大森、丸山が3人連続でパイルドライバーを岩本に仕掛ける。しかし岩本も耐えて大森にDDTをお見舞い。そして再び大森と征矢が熱い攻防。秋山は頭突きやニーアタックなどの荒々しい攻め。最後は6人が入り乱れるバタバタした状況の中、田中稔が丸山をグラウンドコブラで丸め込んで3カウント奪取。勝った田中は秋山社長へGAORA王座どりをアピール。今の2で返したよと客席にアピールする丸山だが判定は当然覆らず。秋山がいい加減にしろよと丸山を叱る。まあまあと仲裁する大森取締役だった・・・

セミファイナル 諏訪魔 青木篤志 スーパータイガーVS佐藤光留、和田拓也、松本崇寿

エヴォリューションの一員としてファイトしていた佐藤だが、ついに諏訪魔を裏切り、エヴォリューションを抜けた。きょうはセミでハードヒット系のレスラー和田、松本を引き連れて登場。諏訪魔、青木にスーパータイガーを加えたエヴォリューション軍と対峙。
「お前何いつの間に裏切ってんだよ」とタイガーが挑発。6人タッグなのだが、佐藤のパートナーは軽量級の格闘技寄りの選手なので、レスラーの怖さや凄味が感じられないので諏訪間側がどう考えても有利。

松本、和田も関節技の切り返しなどで存在感を発揮したがこれは相手が付き合った感が。それに6人タッグなので関節技で決まるとも思えない。後半はボンバ―斉藤のザルレフェリングを悪用し2人がかりのアキレス腱固めなどを見せた佐藤組だが、後半になり試合が荒れてくるとエヴォリューションの連携の前になすすべなく、諏訪魔がラリアット乱発、フロントスープレックスでペースをつかむと、松本をバックドロップ一発で仕留めた。まあエヴォリューションの貫録勝ち。しかし諏訪魔はこのさきどういう扱いを受けるのだろうか、暗然とせざるを得ない。

2017年10月 2日 (月)

2017全日横浜大会観戦記(2)

第3試合 TAJIRIVS渕正信

Img_0303

この試合が観たくて横浜まで来た。WWEで活躍したくせ者レスラー、TAJIRIと渕さんがシングルで激突。デンジャーゾーンがかかっただけで満足。Tシャツを脱ぐ渕さん、63歳でも体型はそんなに変わっていない。両雄握手の後試合開始、そしてTAJIRIとまともに序盤の攻防をやる。渕さんはTAJIRIの腕に照準を定めアームブリーカーで痛めつける。やや劣勢となったTAJIRIは顔面かきむしりで反撃、しかし渕さんも顔面かきむしりのお返し。そして渕さんが持ちネタのヘッドロックパンチ、ボディスラムで優位に立つ。ならばと渕さんはバックドロップをねらったがTAJIRIが踏ん張ってこらえ、そのまま勢い余ってボンバ―斉藤レフェリーに体当たり気味の激突。そして倒れたところを蹴りつけ、ボンバ―斉藤レフェリーをダウンに追い込む。無法地帯を作り出すあくどい手段か。そしてTAJIRIは逆転を狙って赤い毒霧を噴射したが、よく見ていた渕さんは両腕でガード、渕さんの上半身が赤く染まる。

「汚ねえな!」これで怒った渕さんはパンチを連打。場外に逃げたTAJIRIだがなおも渕さんパンチを連打しTAJIRIを客席へ向けて殴り倒す。何とかリングに戻ったTAJIRIだが渕さんのドロップキックが炸裂!こんな63歳がいるだろうか。しかしTAJIRI、吹っ飛びながらその勢いで斉藤レフェリーに体当たり!なんとずるい。これでボンバ―斉藤レフェリーは昏倒。
渕さんはバックドロップを低い軌道ながら仕掛けたが、ボンバ―斉藤はダウンしておりカウントが入らない。異変に気付いた渕さんはボンバ―斉藤を懸命に引きずり起こそうとする。ふらふらと起き上ったボンバ―斉藤、渕さんは2発目のバックドロップを仕掛けようとしたがこらえたTAJIRI,至近距離で渕さんの顔面に2発目の毒霧、こんどはグリーンを発射!こんどは顔面に命中。すかさず足を取って丸め込んだTAJIRI,これで3カウントが入ってしまった。

ゴングが鳴るや、逆転勝利を収めたTAJIRIはつむじ風のように去って行ってしまった。渕さんは顔面が緑に。シュールな光景だ。一応猛毒という設定なので足をばたつかせてもがき苦しむ渕さん、演技派だ。白いタオルで顔を拭くが苦しそう。視界を奪われているのでリングを降りるのも一苦労。セコンドの岡田につかまりながら引き揚げた。

ここで休憩時間。エレベーター前で敗れた渕さんと遭遇。

「くそ・・・目がっ・・・・」苦しそうな表情で(控室が上の階にあるので)エレベーターに乗り込む渕さんだった。

2017年10月 1日 (日)

2017全日横浜大会観戦記(1)

2017.09.09
全日本横浜ラジアントホール大会大会 観戦記

休みの日に全日本プロレスの横浜大会があり、渕さんのシングルマッチが組まれたので観戦を決意した。63歳に老体レスラーにシングルマッチをやらせて大丈夫なのかとも思うが、相手もくせ者のTAJIRIなのでいい試合が観られるかもしれないと思った。昼過ぎに高幡不動の自宅を出て、分倍河原、武蔵小杉で乗り換えて、みなとみらい線終点の元町中華街で下車。山下公園で少しだけ海を見た後、中華街を散策し、適当な店で五目焼きそばとふかひれスープ、チンタオビールの昼食。

そのあと横浜公園を歩いて関内駅構内を横切り、横浜ラジアントホールへ向かう。去年も一度来ているので大体の道順は覚えている。15時半過ぎに会場に到着。リングサイドの当日券5500円を入手できた。16時に開場。スマホゲームをやりながら試合開始の17時を待つ。17時になり、リングアナの前説、カード発表そしてゴングが5回鳴らされた。異次元空間のワクワク感を感じる。

第1試合 阿部史典VS岡田佑介
デビューして1年足らずの岡田だが、身体つきはそれなりに出来上がっており線の細さは感じない。いっぽうの阿部はスポルディーバという団体で最近デビューしたプロレスラーと僧侶の二足のわらじを履く若手。裁くレフェリーは李日韓。全日若手の岡田もヘッドロックを起点によく攻めた。ドロップキック3連発、ボディスラム、逆さ押さえ込み、首固めを繰り出すが、阿部も蹴りで反撃して、岡田のミサイルキックを受けきって、変形卍固めであっさりギブアップを奪って勝利。新人の岡田、シングル初勝利が遠い。

第2試合 吉岡世起VS中島洋平。
全日のチャラ男中堅レスラーキャラの中島洋平が、W-1のクルーザー級王者吉岡世起と対戦するカード。裁くレフェリーは二子玉川。中島もフェイントをかけてからのトペスイシーダなどで攻めたが、吉岡は2発目のダイビングフットスタンプをかわし蹴りで反撃。中島はジャーマンを繰り出すなど粘ったが、最後は吉岡がスライディングキックを決めて3カウント奪取。

より以前の記事一覧