2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2019年2月16日 (土)

20190216

みなさんこんばんわ。今週のスポーツニュース行きます。

◆プロレス

全日ジュニアリーグ開催中。
優勝はTAJIRIか吉岡か岩本か。

小鹿・戸口・ワカマツ70代トリオ実現
マスターズの6人タッグに出場。合計224歳。それでいて16分あまりの試合を成立させる。戸口さん身体がしぼんでいない。試合は越中青柳斉藤に負けたものの存在感を発揮。

◆相撲

荒磯親方(元稀勢の里)大相撲トーナメントで解説デビュー。
意外と饒舌。現役時代は親方の教えを守って寡黙をつくっていたのか。

◆アウトドア
トレイルランナー西田由香里さん(44)、中央アルプス仙涯嶺で滑落遭難死
仙涯嶺は急峻ではあるがそんなに難しくないところなのだが、厳冬期で凍結していて気象条件も厳しかったのだろうか。女性では数少ない2014年TJAR完走者。女性ではトップクラスのトレイルランナーだが、自然の猛威はどんなに経験があろうが技術があろうが、登山者を死へ突き落す。
哀悼の意を表します。

◆韓国
日韓関係破綻5分前
要するに韓国の政治家さんは反日言動をすることで国内支持を高めているということ。ということはヘル朝鮮、チキン屋になるしかないほど景気の悪い韓国の大衆の大半は日本人のことをクソ野郎と思っているのだろう。そのような国と付き合う必要があるだろうか。昭和天皇は戦犯ではない。(連合軍の思惑もあったと思うが)親の行動を子供が謝る必要もない。

2019年2月 9日 (土)

20190209

◆プロレス
・渕さん65歳、百田光雄70歳と19年ぶりに対決
渕西村大森VS秋山百田ウルティモのカードが実現、ファミリー軍団悪役商会の攻防が蘇る。最後は秋山のエクスプロイダーを食らって轟沈。65歳でエクスプロイダーを食らうって・・・大丈夫なのか。

◆相撲
貴景勝大関とりへ向けて始動
いまの大関陣も大概なので、11勝すれば大関当確。

◆韓国
天皇陛下が慰安婦被害者の手を握って「申し訳なかった」と一言いえばすっきり解決するなどと韓国の国会議長が言ってくる。うそつけ。その次は金くれだろう。

今週はこんなところ・・・

2019年2月 2日 (土)

20190202

おこんばんわ。

◆相撲
玉鷲優勝

34歳遅咲きの初優勝。3横綱が次々に離脱したということもあり、関脇玉鷲が押し相撲で勝ち進み13勝2敗で賜杯を手にしました。白い子も衰えている。

安美錦3勝12敗、十両はキープ
とりあえず来場所は十両11枚目くらいか。来場所負け越すといよいよ引退ピンチ。

◆プロレス
馬場さん没後20周年興行のメインは棚橋ヨシタツVS宮原関本
パッとしないカードですが、いろいろ大人の事情があるのだろう。

◆北方領土返還絶望
安倍さんは2島でもいいからと考えて、レガシー作りのために交渉に臨んだが、ロシアは一島も返す気なし。第2次大戦の結果を認めろとか、引き渡した場合米軍基地を作らない保証がない、沖縄問題を見ると日本に主権がどこまであるのかという揺さぶり。もうしかたないね。断念しちゃうと竹島や尖閣に悪影響が出てくるから、平和条約は結ばず形だけの話し合いを続けるしかない。

2019年1月26日 (土)

20190126

今週のスポーツニュース行きます。

◆相撲
40歳安美錦、引退ピンチ
この原稿を書いている13日目終了時点でまさかの1勝12敗。十両3枚目なのであと1勝しないと無給の幕下転落の可能性も。

豪風引退
小柄な体で押し相撲のエレベーター力士でしたが、ジムで鍛えまくっていたのが奏功したのか、39歳まで関取を務める。ありがとうございました。

大相撲初場所混戦
13日目を終わって2敗で単独トップ時はまさかの玉鷲。遅咲き優勝あるかも。

◆プロレス
ジョー・ディートン、20数年ぶりに再来日しバトルロイヤル参戦
かつての全日常連外人でいい奴、外人だが悪役商会に入りキムラサンアイシテマスと言った男が馬場さん没後20周年興行に参戦。往々にしてB級外人は何らかの理由で日本マットを去ってしまうともう日本には来ないケースがほとんどなので、これは嬉しい。

◆野球
権藤さん野球殿堂入り
98年ベイスターズ優勝監督、そして直近では高木監督との70代バトル。選手としても投手コーチとしても監督としても信念を貫いた人。

長野、赤いネクタイ買う
1年だけやって巨人にFA行使Uターンしても原さんに冷遇されるだろうから復讐鬼と化す方を選んだのか。

今週はこんなところ。

2019年1月19日 (土)

稀勢の里伝説

稀勢の里伝説

第72代横綱・稀勢の里さんが引退を表明されました。

恵まれた体格に突き押し、左四つ相撲、中学時代野球で鳴らして運動センスも抜群。中卒後すぐ角界入りし、いわゆるたたき上げ力士として、17歳で十両、18歳で幕内に上がる早熟。元横綱隆の里の指導を受け早くから幕内上位に定着されました。

この力士の特筆すべき点は、いわゆる八百長、ブック相撲に一切手を染めなかったこと。厳格な師匠に指導されたこともあり、本場所15日間ガチンコ真剣勝負を貫きました。何日間かは相手と話をつけて楽にして・・・という選択をせず、15日間ぶっ通しで全力を尽くし、大関時代の魁皇に6連勝する、白鵬の連勝を63で止めるなど若くから将来を嘱望されていました。

しかしそのスタイル故、下位の力士から取りこぼし、プレッシャーに弱いこともあり大関昇進はかなり遅れました。大関に上がってからもその相撲道を貫き、下位への取りこぼしをなくして安定感を身に着け、大関から5年かけて横綱昇進を果たしたもののその矢先に大胸筋断裂の大けがを負い、治療不十分なまま中途半端な復帰を繰り返したこともあって左おっつけの威力は失われ、怪我をする前の輝きを取り戻すことはできませんでした。

横審から「激励」をもらってしまいこれ以上休めなくなって出場せざるを得なくなり、最後は3連敗で散る結末に。

横綱は勝てなくなったら引退という制度は今の時代厳しすぎるのではないかと思う。勝てなくなった横綱は、横綱の地位を返上し、十両14枚目格に降格してリスタート、という制度があった方がいいのかもしれない。大関で長くやるほうがいいじゃんと気づく人が出てくる。

あの大怪我をしなかったら、先代の師匠が急逝していなければ、もう少し柔軟な思考で注射に手を染めていれば、角界にたらればは禁物ですが・・・もうあの雄姿を見られないのかと思うと少し寂しい。

私が稀勢の里に注目していたのは魁皇がハチナナグランドスラムを達成していた2010年、稀勢の里に6連敗を喫していました。あの老獪な魁皇が四つ相撲の真っ向勝負で勝てない若手が出てきた。これは超大物かもしれない。そう思って注目していました。2011年の初場所(だったと思う)に魁皇VS稀勢の里の取り組みを観に行ったこともあります。(このときは魁皇がはたきこみで勝った記憶があります)えんじ色の締め込みが決まっていました。

感情を表に出さないのは師匠に指導されてからであって、本当は激情派なのか、格下に負けた取組後に「あー」とか「くそーっ」とか風呂場で絶叫するなどなかなかのネタ師でした。

今後は荒磯親方として後進の指導にあたるとのこと。大相撲の魅力を余すところなく伝えていただき、長い間ありがとうございました。

2019年1月12日 (土)

20190112

新春一発目のスポーツニュース

◆プロレス
馬場さん没後20年記念大会渕さんのカード

渕、藤原、青柳優馬VSタイチ、金丸、TAKAみちのく

これは渕さんボディスラムとヘッドロックパンチと首固めだけやって金丸に丸め返されて負けるパターンか。タイチとの再会も楽しみ。

1.4棚橋勝利
オメガが海外に行く以上、棚橋が勝つしかなかったのであろう。

◆野球

丸と長野実質トレード

新井さんが引退で一塁を松山と考えると、両翼がバテスタと野間では厳しいと判断したか。しかしこんな巨人の顔がいきなり広島移籍って・・・

◆相撲
稀勢の里引退ピンチ劇場1.13開幕
初日 小結 御嶽海 勝利可能性60%
2日目逸ノ城 勝利可能性55%

(想定対戦相手)
平幕
栃煌山 勝利可能性80%
錦木 勝利可能性80%
北勝富士 80%
正代   80%
松鳳山  80%
琴奨菊  75%

小結
妙義龍 80%

関脇
玉鷲  60%
貴景勝 60%

大関
豪栄道  50%
栃の心  60%

横綱
鶴竜  40%
白鵬  30%

平幕に取りこぼさなければ8勝は堅い。

◆日韓関係破たん5分前

・韓国一部勢力「戦犯企業から賠償金とってやる」
・韓国大法院「植民地支配は不法、無効だったから新日鉄住金は賠償金を払え」
・韓国一部勢力「差し押さえ実行!」
・韓国大統領「わが国は三権分立であるから裁判所の判決を尊重すべき。日本は仕方ないと思うべき。そもそも原因は日本の植民地支配にあるので日本は謙虚になるべき」

言うべき言葉もない。日韓基本条約とはなんだったのか。報復措置をという声もあるが。そうしたら報復の報復が連鎖して経済が悪化しかねない。日本側の裁判所に韓国に関するトンデモ判決を出してもらって実行いて「いやあ三権分立ですから」というほかないがそんな芸当は我が国のまともな裁判所にはできないだろうな。でもこれで一番痛いのはこういう困った隣国と毅然と交渉できる政党は自民党だけということ。民主党系なら今頃融和してるぞ。当面自民党政権は安泰。

2018年12月17日 (月)

20181216

今年も残り15日そこそことなりました。

◆最強タッグ
ドーリング、ジェイムス組が優勝。常連外人チームが優勝するのはいつ以来だろう。

キッド追悼セレモニー
やっぱり渕さんが遺影を持ち、木原リングアナが入場時のチョッキを持つ。今年は大物レスラーの死去が多かった。

◆相撲

1月場所稀勢の里引退ピンチか。
基礎運動くらいしかできていないらしい。番付発表で対戦相手メンツが固まってみないと断言はできないが、初場所で8勝できなければ引退。

◆マラソン
川内優輝、防府読売マラソンを2時間11分台にまとめて4度目の優勝
福岡国際の激走から2週間後に防府を走って優勝する。怪我さえなければフルマラソン100回は来年中に到達してしまうぞ。

今週はこんなところ。

2018年12月 9日 (日)

20181208

◆プロレス
最強タッグ開催中
優勝争いは秋山関本か、諏訪間石川か、真霜KAIか、パロウオディンソンか。4チームが6勝3敗の12点で並ぶ混戦模様。ドーリング組もまだ10点で可能性を残す。

大仁田、ターザン山本72歳にパイルドライバー
エキシビションだとは思うが、パイルドライバーという技の価値を落としかねないと思うのだが。

◆野球
巨人・岩隈獲り
元楽天のエースを獲得。往年の力は無いとは思うが投手陣の年長格として獲ったか。先発ローテで働けるようだと中継ぎが厚くなるのでいい補強。金満球団なりふりかまわぬ。

◆相撲
幕内・貴ノ岩、付け人を殴って引退
風邪薬を持ってくるのを忘れたぐらいで殴って年収2000万を手放すとは。ひとにされて嫌なことはしないということは人間関係のイロハなのに・・・間抜けだ。

今週はこんなところ。

2018年12月 2日 (日)

20181201

今週のスポーツニュースのようなもの行きます。

◆プロレス
ドリーファンクジュニア来日
70代後半の老躯を押して来日。さすがに試合はしなかったが全日のKAIプロモート興行でレザーフェイスに鞭攻撃ぴしぴし。

最強タッグ
優勝はゲットワイルドか暴走大巨人か、ヨシケンか、秋山関本か、外人チームか、まだわかりません。

◆相撲
貴景勝優勝
御嶽海と良い貴景勝といい、横綱不在場所は若手が優勝するようになってきた。貴景勝は突き押しの威力と技、22歳で達観している節があり心技体のバランスが取れている。だが研究されたときどうなるか。

稀勢の里激励。
横綱審議委員会が休みまくるダメっこ横綱を激励。初場所復活しなければ引退勧告。マレス、風前の灯・・・

◆野球
丸巨人入り

ふっ、やっぱりな。一部の例外を除いてプロはお金ですから。これで来季のセリーグはわからなくなってきた。6坂本4田中8丸5岡本3ビヤヌエバ7ゲレーロ9陽2炭谷、すごいね。

2018年11月24日 (土)

20181124

みなさんこんばんわ。

今週のスポーツニュース行きます

◆相撲

貴景勝か、高安か
3横綱1大関がいない九州場所は高安と貴景勝の優勝争い。貴景勝は突き押しがレベルアップしたのか12勝の好成績。貴乃花親方の騒動とかでいろいろあって奮起したのだろうか。
豊ノ島再十両で10勝
2年ぶりに十両に復帰して10勝を挙げる。地力のある力士なので怪我さえしなければ幕内復帰も狙える。

◆プロレス

森嶋猛容疑者、不起訴処分
示談が成立したのか。本人はお金を持っていないはずなのに、どのタニマチが動いたのか。

最強タッグ開催中
外人チームが2チームも出るリーグ戦はいつ以来だろうか。ゲットワイルドもここまで2勝1敗。本命は諏訪間石川、対抗は宮原ヨシタツ。

◆野球
金満巨人すさまじい
オリックス自由契約の中島を獲得、FAで炭谷も獲得、そして丸も・・・獲ってしまうのか。マネーパワー恐るべし。

名球会オールスター試合
セリーグ対パリーグで現役・引退した名選手ごちゃまぜでオールスター戦。中村ノリが出てヒット打つ。セリーグの投手は黒田岩瀬北別府佐々木石井琢古田ラミレスと後半苦しいリレー。200勝投手は現代野球ではまず出ないのだから。最後は巨人阿部がサヨナラタイムリーでセリーグの勝利。

より以前の記事一覧