2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2019年5月18日 (土)

20190518

みなさまこんばんわ。

◆相撲
貴景勝負傷、再出場
ヒザを故障するも酸素カプセルや注射で痛みを取り8日目から再出場。なんとしても勝ち越すつもりらしい、だがこの決断が吉と出るか凶と出るか。

栃ノ心7連勝、大関復帰M3
白い子がいないので、かつ四つ相撲で本来の力が出せているので大関復帰は怪我しなければほぼ確実。

十両
安美錦5勝2敗、豊ノ島6勝1敗 ベテラン元気。

三段目
照の富士3連勝。全勝で終われば来場所は幕下復帰。

◆野球
広島2位
投手陣が復調してきた。これで田中松山長野の調子が上がってくれば・・・

巨人の暫定抑えは沢村
酒飲んで暴れて厳重注意くらっていたが背に腹は代えられない原監督の柔軟思考。

◆プロレス
斎藤彰俊と井上雅央がダークエージェント再結成
ノアの若手選手をガムテープでぐるぐる巻き。悲しき中年はまだまだ元気。

◆北方領土は戦争をしないとうんぬん
年収3000万円ももらっている国会議員の立場ながら、頭で思ったことをそのまま口に出すのはいかがなものなのか。言論は自由だが、要職にある人は言動に気を使わなければならない。言っていることはその通りだが、ロシア当局に「日本の一部世論はロシアと戦争したがっている」と誤った分析をされかねない。

2019年5月 4日 (土)

20190504

今週のスポーツニュース行きます

◆新しい時代 令和
生前退位で新元号という流れになったが、これはこれで新しい時代、お祭り騒ぎを誘引し10連休を含め経済効果はかなりあったのではないか。崩御での新元号は悲壮感がただようが、こんかいは祝賀ムードに満ち溢れていた。

◆野球
ベイスターズ借金7最下位
ラミレス采配のせいなのか、単純に戦力不足なのか。宮崎の不振が大きいのか。

◆プロレス
宮原チャンカン制覇
優勝決定戦でジェイクを下し優勝。やはり新しい時代令和を引っ張るのは宮原しかいないということか。次期三冠戦は石川の挑戦を受ける。

渕正信 加須市観光大使に就任
もうこれは隠居モードなのか。

◆相撲
荒磯親方(元稀勢の里)高安を圧倒
ノープレッシャーでは最強。稽古場では白い子より強いかも。今からでも遅くないから幕下付け出しで別名義で再デビューしてはどうか。

今週はこんなところ。

2019年4月27日 (土)

20190427

皆さんこんばんわ。
平成最後のスポーツニュース行きます。

◆プロレス
渕正信65歳ドロップキック成功(4.25後楽園)
大森めんそーれとタッグを組んで秋山組に勝利。令和でもドロップキックを見せるか。

チャンピオンカーニバル、宮原決勝進出
混戦のAブロックを制す。Bブロックは・・・4.28後楽園の結果次第。ジェイクか、ドーリングか。ひょっとして野村か。

青木チャンカン4勝4敗で終了。
リーグ戦をひっかきまわす。ヘビー級相手に攻め込まれながらも逆転勝利を収める試合がいくつかあった。

◆相撲

白鵬三本締め問題でけん責、親方減俸。
優勝力士インタビューなど会場内でやるからこうなるのだ。(この時点で伝統儀式の様式美は崩れていると思う)昔はそんなものはなかった。もう新団体作った方がいいのではと思う。

◆野球
広島8連勝、借金完済
熊本の巨人戦で丸に目の前でホームランを打たれ、覚悟が定まったか。あれよと8連勝を決め星を五分に戻す。

長野さん一塁から全力疾走のあまり三本間で足がもつれ転倒。タッチアウト。
4月25日の中日戦でやらかす。ベーランの全力疾走でこけるとは・・・でも試合には勝ったから笑い話で済む。今年の珍プレー賞確定。

DeNA9連敗
筒香さんがぶつけられ、宮崎さん絶不調では・・・・早くもベイスターズ終戦か。

金満巨人クック違和感で二軍落ち
これでリリーフが苦しく。ストッパー問題は解決せず。

2019年4月20日 (土)

20190420

今週のスポーツニュースのようなもの行きます。

◆相撲
白鵬、先場所千秋楽の三本締めの件で呼び出し
伝統を重んじる日本相撲協会様にとっては見過ごせなかったのだろう。いくら優勝回数40を超える超横綱だったとしても。しかし白鵬は新相撲団体作った方が良くないか。

◆プロレス
全日本チャンピオンカーニバル開催中
Aブロックはゼウスが4勝2敗でトップ。しかし岡林がまだ6戦を残して1敗と不気味。青柳は5敗を喫し脱落。Bブロックは野村が4勝2敗でトップ。しかしまだまだ混戦模様。

◆野球
セリーグ首位はヤクルト11勝7敗1分け
中軸は青木山田バレが元気。村上も出てきた。石井琢打撃コーチは優勝請負人か。しかし金満巨人が0.5差で2位につけてきている。

広島6勝12敗最下位
丸の穴、新井さんの穴、投手陣ではジョンソン不調、昨年大活躍したフランスアも今一つ。水曜日金曜日と逆転で連勝したが・・・

◆マラソン
川内優輝、ボストンマラソンは17位に沈む。
まあプロ転向したばかりでスポンサー会見とかやっていて忙しかったのか、普通に走って2時間15分ならいつもの川内さん。ツイッタ―更新の頻度がすごい。次回出走は4月28日の岐阜清流ハーフ。

今週はこんなところ。

2019年4月13日 (土)

20190413

今週のスポーツニュース行きます。

◆プロレス
全日本チャンピオンカーニバル
星のつぶしあいが続きますが、青柳野村がそれぞれ2勝、3勝とけっこう健闘している。
◆野球
広島泥沼5連敗
14試合を終えて4勝10敗。ピースが一つ二つ抜けただけでこうも変わるものか。丸の穴を埋めようともがく打線。そして精神的支柱兼ムードメーカーのの新井さんがいない。首位はヤクルト。青木山田バレの中軸が脅威。

◆訃報
ケーシー高峰さん死去 医学漫談で笑わせていただきました。
ナンセンス・原田さん死去 去年2回ほど東洋間の舞台で、ネタを忘れる老人ボケ芸風で笑いを誘ってました。合掌。

2019年4月 6日 (土)

20190406

スポーツニュースのようなもの行きます。

◆新しい元号は令和
ほかの候補が万和とか微妙なものだったので令和になった。安倍さん的には中国の出典からは取りたくなかったんだろうな。万葉集出典とはいえ、令と言ったら命令、指令、勅令の令だろう。(令嬢の令の意味だとは思うが)、
命令を守って和のある社会を、ということか。生きづらい世の中にぴったりかもしれない。

◆プロレス
チャンピオンカーニバル開幕。真霜が負傷欠場で青木篤志が出場。秋山社長や大森はベテランなので出場せず。優勝候補筆頭は岡林かな。
渕さんは第1試合の10人タッグに出場しドロップキック自爆を披露。

◆広島最下位
丸が抜けた戦力ダウンもさることながらジャクソンが抜けて勝ちパターンの中継ぎが不足し(フランスアが2年続けて活躍できるか)、中崎は相変わらずの劇場だし、新井さんやエルドレッドが抜けて代打陣やムードメーカーがいなくなったのが地味に効いていないあ。開幕8試合消化して3勝5敗。
金満巨人首位
ドーム開幕戦にミスターとナベツネ登場。これは今年の巨人は何が何でも優勝を取りに来ている。

◆マラソン
川内優喜3日連続プロ会見
所属はあいおいニッセイ同和損保。アシックスから用具の提供を受けられるようになったのは大きい。ツイッターやFBも開設。次回出走は4月15日のボストンマラソン。

2019年3月30日 (土)

20190330

皆さんこんばんわ。今週のスポーツニュース行きます。
◆野球
金満巨人1勝1敗
敵地での広島戦を1戦目敗戦、2戦目勝利で。新外国人クックも無難の三者凡退で初セーブ。吉川坂本丸岡本陽ゲレーロの無茶苦茶打線。名将原さんのタクトもあるからこれは優勝するかも。

◆訃報
北尾光司さん死去(享年55)
上背も体力もあり、小錦をさば折りで破壊するなど素晴らしい素質を持った力士だったのだが、横綱昇進後すぐ親方とトラブルを起こして引退。プロレスに転向するも八百長野郎発言でSWSを追われたりと、順風満帆とはいかない選手生活でしたが、華のある選手でした。合掌。

◆相撲
貴景勝大関昇進
突き押し一本なので横綱は厳しいと思うが、故障さえしなければ10番勝てる力はある。
◆マラソン
川内優希、公務員最終出勤
久喜高校での勤務を終了。4月からはプロランナーとして賞金レースで出場料を稼ぐらしい。

今週はこんなところ。

2019年3月23日 (土)

20190323

皆さんこんばんわ。
今週のスポーツニュース行きます。
◆プロレス
・渕さん65歳 3.19後楽園で6人タッグに登場。(大森渕ブラックVS秋山ウルティモTAJIRI) ドロップキック3連続自爆でバッテリー切れを起こし、ウルティモのマヒストラルに敗北・・・
・宮原三冠防衛 まあ野村直矢の格上げということで。
◆野球
イチロー引退 オリックスの安打製造機の頃メークドラマ巨人を粉砕したところから覚えている。長い間ありがとうございました。
◆相撲
・安美錦7勝6敗、十両残留確定 これで来場所も見られる。
・豊ノ島3勝10敗 十両転落確定 かつての相撲巧者が・・・これはもう落日なのか。
・照ノ富士、序二段7戦全勝 格の違いを見せつけ序二段では無双。これで来場所は三段目。
・貴景勝9勝4敗 残る対戦相手は膝の痛い栃の心と逸ノ城。大関昇進は見えたか。
今週はこんなところ。

2019年3月16日 (土)

20190316

みなさんこんばんわ。

◆プロレス
渕さん65歳、メインイベント6人タッグに出場
飛んで埼玉とタイアップした6人タッグで、加須市在住ということで出場。諏訪間をバックドロップで投げるなど奮闘。

野村直矢三冠挑戦
いくら20代の若いトップを作りたいからと言って・・・露骨な押上げは良くない。

ウォーリー山口さん死去
2000年の大量離脱の際にレフェリーとして活躍されました。

◆相撲
貴景勝序盤は4勝2敗
御嶽海と玉鷲に負けたが彼らも実力者なのでしかたない。横綱大関を2勝3敗で乗り切らなくてはならなくなったが・・・

照ノ富士、序二段で3連勝
さすがにこのあたりまで落ちると格が違うので勝てるか。

十両安美錦2勝4敗
現役続行にはあと4勝が必要。力の落ちた力士の最後の奮闘を見るのはせつない。

2019年3月 9日 (土)

訃報

日本プロレス・全日本プロレスで活躍された白覆面の魔王、ザ・デストロイヤーさんが3月7日に永眠されました。享年88。

デストロイヤー(destroyer)を直訳すると「破壊する人」恐ろしいリングネームなのですが、足4の字固めを日本マットに持ち込んだ名選手です。

日本プロレスに初参戦されたころは、当時のアメリカ人レスラーの例にもれず、反則凶器流血の悪役外人覆面レスラーだったのですが、ただの悪役ではなくアマレスの技術と、鍛えられた脚力から繰り出される足4の字固めは力道山を大いに苦しめました。

その後は全日マットで活躍され、(プロレススーパースター列伝では、マスカラスに急所攻撃をかますなどあくどい覆面外人として書かれていましたが)善玉レスラーにターンされ、50を過ぎてからも毎年7月に参戦を続け、井上雅や大森らに前座試合でプロレスのイロハを教えていました。

ファンサービスにも熱心で、会場隅の売店でマスクのレプリカを販売しまくったり(レスラーが自らグッズ販売で小遣い稼ぎをするはしり)、日本テレビのバラエティー番組に出演され、レスラーと言えどもリングを降りれば普通の明るいおじさんであることを体現されていました。

93年に馬場、デストロイヤー、息子のカートベイヤーVS渕、永源、井上雅戦を最後に引退されました。引退後も知日派らしくしばしばスポーツ交流などで来日されていました。直近ではALL TOGETHERのバトルロイヤルの立会で元気な姿を見せていましたが、2月のブッチャー引退興行では「ドクターからフライトを止められている」ということでビデオメッセージのみの登場となりました。最期は自宅で家族に見守られて旅立たれたとのことです。合掌。

より以前の記事一覧