2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2017年6月23日 (金)

新説ドラゴンクエスト3 第71.72日

71日目 11月8日
船中泊が続き、シャワーを浴びたかったのでセメントはポルトガへの寄港をお願いした。テドン南端を回ってやや沖合を航行し、夜にポルトガ到着。宿屋に投宿。

72日目 11月9日
早朝に出港し、この間追い返されたエジンベア城に。消え去り草の粉末を頭からかけるとなんとセメントの姿が人からは見えなくなった。もっとも効力には限りがあるらしく、城門を突破するくらいの時間しか効き目はなかった。しかし田舎者は帰れと横柄なのは門番だけで、王に謁見を申し出たら意外にも了承してもらえた。話してみるとエジンベア王は話の分かる人で、冒険者に有益な情報をいろいろ話してくれた。王からエジンベア謎の地下室の話を聞く。3つの岩を奥にある青い床の上に置けば何かが起こるらしい。
「んしょ・・・」
セメントは秘密の地下室に入り、3つの岩と青い床の位置関係を確かめた。力にはそれなりに自信はあるので、水路に岩を落とさないように慎重に岩を押した。すべての岩を青い床の上に置くのに一時間近くかかった。
(ふうっ・・・)
そのとき横の壁がゴゴゴゴと音を立てて開いた。あわててそっちへ進むと、奥には壺があり、「渇きの壺」と書かれた紙片が付けられていた。読んでみると、エジンベアのはるか北に岩礁のみで形成された小島があり、そこでこの壺を使うと何かが起こるらしい。
さっそくセメントはサンチャゴ号に乗り込み、北へ向けて出港。途中で夜になり、テンタクルスと呼ばれる巨大イカの襲撃に遭ったりしたが、鞭の乱撃でなんとか撃退。しかし異様にしぶとく、戦い終わった後は何度も回復魔法を使わねばならなかった。

2017年6月22日 (木)

新説ドラゴンクエスト3 第68.69.70日

68日目 11月5日
航海は続く。いろいろな情報を総合すると、ネクロゴンド奥地のバラモス城にたどり着くには世界中に散らばる6つのオーブが必要らしい。そのうち一つはすでに海賊の家で入手済み。ポルトガから南下しテドン地方へ。テドンの村の手前で魔女や地獄の鎧、シャーマンの混成軍団に襲われて、回復魔法を連発するシャーマンに手こずったが、何とか鞭をふるって撃退できた。テドン村は魔王軍の侵攻を受けて壊滅したはずだが夜にもかかわらず活気があった。武器屋も普通に営業している。この日はテドンの宿屋に一泊。しかし夜が明けたらあたりは廃墟で人っ子一人いない状況。となるときのう自分が会話していたのは誰だったのだろう。

69日目 11月6日
とりあえずサンチャゴ号に戻って大陸の西海岸に出て、南端の岬を回ってランシールへ向かった。この日も船中泊。

70日目 11月7日
時折現れる怪物を撃退しながら航海を続け、ランシール近くの港に入港。
ランシールの村は鍵で閉ざされた巨大な神殿があった。最後の鍵を入手すれば入りこめるらしいがその手掛かりは先日追い返されたエジンベアにあるらしい。村の道具屋でランシール名産の消え去り草を購入。
(エジンベアでこれを使えば城内に入れるのではないか。)
そう思ったセメントは、エジンベアに戻ることにした。けっきょくこの日も船中泊。

2017年6月21日 (水)

新説ドラゴンクエスト3 64.65.66.67日 

64日目 11月1日
フチザキも実戦に慣れてきたので、アリアハンの港からサンチャゴ号に乗り込んで出航。とりあえず北へ船を進める。海上で何度か魔物に出会ったが、フチザキはもっぱら防御に徹し、セメントが敵を全滅させる役だった。この日はバハラタまでの航海。バハラタの街で一泊。

65日目 11月2日
終日海岸のやや沖を航海。テドン南端の岬を回るあたりで夜になった。船中泊。

66日目 11月3日
テドン西の沿岸を北上し、世界一周を果たしポルトガに入港。ポルトガの宿屋泊。
「あとは西の海を渡れば西の大陸よ。もうひと頑張り」
2人で海鮮料理を食べながら打合せ。きょうはフチザキもマリンスライム相手に斧で攻撃する等、しっかり戦闘に参加していた。

67日目 11月4日
この日は船を西に走らせ、6日前に立ち寄った西の大陸の寒村へ。老人とフチザキを引き合わせる。老人がここを大きな街にしたいと夢を熱く語り、フチザキも面白そうと共感した。ここに骨を埋めるかもしれないがフチザキにとってやりがいのある大きな仕事。
「じゃあ、頑張って。この5日間、まあ楽しかった。」
「セメントさん、ありがとう、絶対ここで成功して見せるから」
セメントはふたたび一人旅となった。サンチャゴ号に戻ってポルトガに引き返す。夜遅くに入港しポルトガ泊。

2017年6月20日 (火)

新説ドラゴンクエスト3 第63日目

63日目 10月30日
故郷に戻った女勇者セメントはアリアハン王への謁見、旅で手に入れた不要な道具の換金を済ませ、養成所に立ち寄る。
「二か月しかたってないんだが変わるもんだなあ。いっぱしの戦士の顔してるよ」
教官に挨拶回り。剣技を習った教官からは褒められ、魔法を習った女魔道士からは「良かった、生きていてくれて」と涙ぐまれた。
そのあと、西の大陸の件を切り出し、商人志望の子はいませんか」と校長に打診。今年の卒業生でアリアハンで武器屋の見習いをしているフチザキという若者を紹介された。養成所の同期なので面識はあった。ただもともと商人志望だったので戦闘訓練の成績はあまりよくなかった。
「西の大陸であなたの力を必要としている人がいるわ。大きな街づくりに関わってみない?」と誘ってみる。
しかしフチザキは「どうやってそんな遠く離れたところまで行くのですか、魔物に殺されてしまう」と難色を示した。
「その辺は何とかする。送り届けるまであなたは私が守るから」と説得し、フチザキに自分が少し前まで使っていた鉄斧を手渡した。
とはいえフチザキの力量も見ないといけないのでレーベまで行軍。無慈悲にスライムや大カラスを鞭で撃退していくセメントを見てフチザキ絶句。
「・・・凄い」
「・・・やらなければやられる。それだけの話よ」
この日はレーベ近辺でフチザキの鍛錬を兼ねた索敵。レーベ村の宿屋泊。二部屋取って、寝る前にロビーで明日以降の旅について話し合う。
「そうゆっくりもしてられないから、明日は出港するね」
「・・・はい」

2017年6月19日 (月)

新説ドラゴンクエスト3 第61・62日

61日目 10月28日
この日は西の大陸へ船を進め、海岸近くに寒村があったので上陸して立ち寄ってみた。一軒家に住む老人が「ここに大きな街を作りたい。手伝ってくれる商人を探している。レベルが低くても構わないので助けてほしい」と言ってきた。
「アリアハンの養成所に声をかけてみる。」
その老人に協力を約束して、寒村を辞去。そのあと船に戻り西の大陸を海岸線沿いに南下。この日も船中泊。

62日目 10月29日
南の大陸南部に海賊のアジトらしきものがあったので、上陸して立ち寄ってみる。日中は誰もいないらしい。後日また夜に出直すことにして退散。
アジトそばの小屋に地下室へ通じる隠し階段があったので降りてみるとレッドオーブが見つかった。そのあと船に戻り、西の大陸南端の岬を通過。なおも西へ進むと忘れられた島の異名をとるルザミ島を発見したので立ち寄る。
島の長老の預言者から情報を仕入れる。バラモスの棲むネクロゴンドの奥地に進むためにはガイアの剣を探してそれを火口に投げ入れれば道が開ける・・・との事。
そのあと船を北西に進め、およそ2か月ぶりに女勇者はアリアハンに戻ってきた。港に船を係留し、生家に一泊。母親コバトフと久々の再会。
「母さん、ただいま」
 「…セメント・・・良かった、無事で」

2017年6月14日 (水)

新説ドラゴンクエスト3 59・60日目 船を入手

59日目 10月26日
(これで黒胡椒をポルトガの王様に渡せば船が手に入る)
女勇者セメントはバハラタを後にして西進。ノルドの洞窟を抜けてアッサラームからロマリアへ長旅。ロマリア泊。

60日目 10月27日

ロマリアから国境のほこら経由で昼過ぎにポルトガへ。さっそく国王に謁見
「おお、よくぞ黒胡椒を手に入れた!そなたこそ真の勇者なり」
王に黒胡椒を献上し、ようやく小型船を借りることに成功。
「約束通りサンチャゴ号を貸そう。小さいが火力魔導で動くから、船足は早いし頑丈だから魔物の襲撃にも強い」

そのあと港でサンチャゴ号という小型船に乗り込んだ。
「よろしくお願いします」
船の乗組員は3人だけだった。チーフの陽気な男、ジンク、スケさんと呼ばれる副操舵人のクロファット、火力係兼雑用係の女魔道士ファナース。帆船ならともかく最新鋭の火力魔道船なのでこの人数でも船を動かせるらしい。
「まあ、海の上ならどこでも連れてってやる」
ジンクが力強く話す。
セメントに用意された船室は下甲板の小部屋で、ベッドがあるだけの殺風景な部屋だった。食事は3食ともファナースが簡素なものを用意してくれた。

とりあえず航海慣れを兼ねて北へ向かう。エジンベアの港に入港したが、城には「いなか者は帰れ帰れ」と衛兵に追い返され、入れてもらえなかった。やむなくセメントは西の大陸へ向かうよう依頼した。
船の上でも魔物に襲われる。甲板で監視していると海中からザバーと甲板に飛び込んで襲ってくるのだ。大王イカという驚異的な体力を持つ魔物に襲われたが攻撃の威力はさほどでもないので、落ち着いて撃破できた。
この日は船中泊。

2017年6月13日 (火)

新説ドラゴンクエスト3 57・58日目

57日目 10月24日
(カンダタを返り討ちにしないと黒胡椒も船も手に入らない)
女勇者は人さらいのアジト地下1階の探索を行った後、地下2階へのルートを確認し、
(明日突入しよう)
そう判断したセメントは洞窟を出てバハラタへ移動。バハラタ泊。

58日目 10月25日

セメントは人さらいのアジト地下2階へ向かった。
「なんだお前は!やっちまえ!」
カンダタ子分が4人出てきた。前回戦ったのとは別人で、回復魔法や守備力減少魔法を唱えてきたので苦戦を強いられた。セメントは鬼の表情で鞭を振るい、回復魔法を唱えまくってなんとは4人のカンダタ子分を討ち果たした。

「なんだ・・・・騒がしい、あっ、おまえ!」
奥の部屋からカンダタがのっそりと現れた。
「またお前か・・・セメント」

「また悪いことに手を出しているのね」

「ったく・・・あんたのせいでロマリアでの俺の評判はがた落ちだよ。女一人に負けたポンコツ盗賊って呼ばれてなあ。だから山を越えてこっちで再起を考えたんだけどなあ・・・だが今回はやられない。魔体力の技法を手に入れたからなあ」

「・・・・それって」

「俺の顔は広いんだ。魔族の知り合いにちょっと頼んでこの体に魔法をかけてもらった。さあ、あの時の屈辱晴らさせてもらうぜ、ただでは殺さん。生きながら絶望を味わわさせてやる、おい、ブルーウッド、シュガー、やっちまえ」

カンダタ子分がさらに2体現れた。セメントは鞭で一撃する。カンダタの攻撃はさして痛くなかったが、子分の守備力減退魔法が曲者だった。動きが鈍くなり相手の攻撃をガードしにくくなる。なんとか子分2体を鞭で倒したが、剣と斧の打撃でセメントもかなりダメージを負っていた。回復呪文を連発して時間を稼ぐ。この間もカンダタの斧攻撃を食らったが懸命に耐える。しばらくして呪文の効力が切れた。

(これはいけるかも・・・)

セメントは腰袋から斧を持ち出し、カンダタの肉体に斬りつけた。前に戦った時と違ってなんか魔導のバリアのようなものがかかっているらしく、斬りつけても手ごたえはあるのだが血が出ないし痛いそぶりも見せない。

「無駄だというとるのに」
しかしカンダタの打撃もシャンパーニで食らった時ほど痛くない。これなら我慢すればなんとかなる。不意の殴り攻撃だけ警戒しよう。そう考えたセメントは無心で斧を振るった。どのくらい打ち合っただろう。先に息が切れたのはカンダタの方だった。

「ゼェ、ゼェ、ゼェ」
20分近く闘って、カンダタはその巨体があだとなったらしい。肩で息をしている。

その隙を見逃さずカンダタの肩へ向かって思い切り斧で一撃。これは深く入り、肩口からおびただしい出血。
「うがががが・・・・負けた。くそ。悪かった。もうおまえの前には現れないから、命は助けてくれ。」
と言いながらカンダタは血をしたたらせて傷ついた子分とともに逃げ去って行った。
そのあと捕らわれていた黒胡椒店の店主と婚約者を解放。そしてバハラタに戻り黒胡椒を入手。その日はカンダタ戦で疲れていたのでバハラタ泊り。

2017年6月12日 (月)

新説ドラゴンクエスト3 53.54.55.56日目

53日目 10月20日
朝早く出立し、ノルド洞窟を抜けて東国へ。バハラタを素通りしダーマまでの旅路。群がってくる敵はことごとくムチ葬。5日ぶりにダーマの宿坊泊り。

54日目 10月21日
ダーマから東へ探検。ダーマ東の宿屋に立ち寄ってからなお東へ。ベビーサタンという高度な呪文を唱えるが、魔法が発動しないという不思議な敵が登場した。大陸の東の果てに、ムオルという寒村を発見。父親のオルテガがかつてこの村で滞在したことがあったらしく、村人から歓待されオルテガの兜を貰った。かなりいい材質の兜で、防御力向上に役立つと思われた。この日はムオル村で一泊。クレープ状の生地に鮭の燻製を挟んだものが夕食に出た。

55日目 10月22日
ムオル村を出てダーマへ戻る。ダーマの宿坊泊り。

56日目 10月23日
ダーマの北に建つガルナの塔を探索。仕掛けが多い迷宮で探索には苦労した。スカイドラゴンという高温の炎を吐く魔物に手こずった。悟りの書を入手して塔から退散。この日もダーマの宿坊泊。
セメント・スターリー・エスプレッシーボ(16)レベル25
身長159センチ、体重58キロ、ムチの女王。

2017年6月 2日 (金)

新説ドラゴンクエスト3 50・51・52日目

50日目 10月17日
未解決のノアニール西の洞窟。セメントは過去2回ここでバンパイアとマタンゴのチームワークに敗北の憂き目に遭っているが、鋼の鞭を手に入れた今では何とかなると考えた。この日はノルド洞窟を抜けてアッサラームから西へ進み、カザーブの宿屋に一泊。もうこのあたりに出てくる敵は問題にならないレベル。

51日目 10月18日
女勇者セメントはノアニールへ向かい、西の洞窟へ侵入した。過去2回苦杯をなめたバンパイアもマタンゴも鋼の鞭でズタズタにして進み、最下層の泉で夢見るルビーとエルフ族の王女の置手紙を発見。やはりエルフ族の王女と村人の青年は心中してしまったらしい。洞窟を抜けてエルフの隠れ里へ向かい女王に夢見るルビーを届け、置手紙とともにいきさつを報告。目覚めの粉を貰ってノアニールで散布すると村人が続々と目を覚ました。村が活気を取り戻したのを見届けるや南へ取って返し、カザーブで一泊。

52日目 10月19日
ここのところの懸案だったノアニールの問題を片付けたので、セメントはダーマに戻ることにした。カザーブからいったん南下したのち東へ。アッサラームで一泊。

2017年5月19日 (金)

新説ドラゴンクエスト3 49日目

49日目 10月16日

ネクロゴンド奥地では、バラモス城では魔族が幹部会議を開いていた。バラモスが上座に座り、ボストロール、アークヒドラ、そして数人のエビルマージが列席していた。
「ロマリア侵攻隊のユゲスが大怪我したというのは本当かね」
エビルマージのシニアマネジャーが発言。
「はっ・・・・女勇者一人に斧で斬撃されて重傷を負ったとのことです。おそらく油断したものかと」
ロマリア地区担当のエビルマージマネージャーが報告する。
「それで、その女の足取りはつかめたのかね」
「それが、そのう・・・フットワークが軽いらしく、イシスで見たとかアッサラームで見たとかさまざまなところで報告が上がっています。最近ではダーマにも現れたようです」
「アークヒドラよ」
それまで報告を聞いていた魔王バラモスが口を開く
「その女、少し気になるな。人間は基本的に非力だが、ごくまれに信じがたい成長を遂げることがある。バハラタから東のエリアは一応君の担当だ。何としても見つけ出し魔王軍の恐ろしさを味わわせてやるがよい」
「・・・・了解した」

会議が終わってアークヒドラ・・・侵攻先のジパングではヤマタノオロチと呼ばれているが・・・は巨体を揺らしながらバラモス城を出た。
(バラモスの野郎)
彼は大魔王ゾーマに忠誠を誓った上級魔族であった。すべての世界を闇と絶望に覆いたいと願うゾーマは、この世界侵攻の総司令官としてバラモスを、サブとしてボストロールとアークヒドラを任命した。誇り高い邪龍族の系譜を継ぐ私があのトカゲ野郎の指示に従わねばならんのだ。彼は大陸東側のエリアの侵攻を任されていたが、侵攻に興味を示さず、もっぱらジパングの若者を虐殺し、苦しみ絶望恐怖を生み出し、ゾーマの覚えをよくすることしか考えていなかった。女勇者のことなど知らん。ジパングに来るようなら話は別だが。そう考えながら4頭立て翼竜の引く天空馬車に乗り込んだ。

セメントはまだノアニール西の洞窟の探索を終えていないし、ノアニールの村人も眠ったままの状態が続いている。そのままにしておくのも目覚めが悪い。いったんセメントは西へ戻ることにした。この日はバハラタ北部を探索して、オリビア岬の宿屋泊。高い宿屋だけあって、夕食は大きな淡水魚の煮つけが出た。

より以前の記事一覧