2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2017年8月20日 (日)

新説ドラゴンクエスト3 90日目

90日目 11月27日

(今日は大一番だ・・・・)
ヤマタノオロチとの決戦の日。
普段よりやや遅く起きたセメント、練習用の鋼の剣で斬撃の練習。そのあと雑穀の粥の朝食を済ませ、セメントは旅の服に着替えて、大地の鎧を装着。ドラゴンシールドを持ち、剣と鞭を携えてサンチャゴ号に乗り込んだ。

三時間ほどの航海でジパング着。ヒミコの屋敷に乗り込む。きのうと同じようにヒミコは人間の姿で玉座に伏している。またヒミコが語りかけてきた。

「わらわの本当の姿を見たものはそなただけじゃ。黙っておとなしくしている限りそなたを殺しはせぬ。それでよいな?」
しかしセメントは黙って昨日手に入れた草薙の剣を抜いた。
これでヒミコ、いや、ヤマタノオロチも覚悟が定まったのか、
「ほほほ そうかえ。ならば生きては返さぬ!食い殺してくれるわ!」
みるみるうちに昨日見た巨大なヤマタノオロチへと姿を変えた。
「ひいっ」

驚愕する神官たち。
「みんな、安全な場所に下がって!ボクが退治するから!」
右端の頭は再生せず、頭は四つだけだが、ヤマタノオロチも目の前の女勇者を殺さない限りは魔王軍内での出世どころか死によりすべてを失ってしまう。そう考えたのか、死に物狂いで火炎を浴びせ、4つの頭をぶつけてくる。

ばきばきばきばき
巨大な屋敷内での戦い、ヤマタノオロチはその巨体を走らせ、ふすまや障子、柱を壊しながらセメントを追い込んでゆく。しかし時折放ってくる炎はやや弱体化していた。

(やつも相当苦しいんだ)
セメントは手負いのヤマタノオロチへ懸命に剣を振るった。きのうと同じように斬っても斬ってもヤマタノオロチは動ぜず、炎を吐き巨体をぶつけえてくる。セメントは大きな頭をぶつけられ、突進に弾き飛ばされていたが気は確かにもっていたし、3か月間の旅でセメントの精神も肉体も強靭なものになっていた。斬って、高度回復魔法でダメージを癒す。この繰り返ししかない。

奴が力尽きるのが先か、ボクの魔力が尽きるのが先か・・・・・・・・面白いじゃない。
「だらあっ!」
セメントは返り血を浴びながら剣を振るった。自分も何度も弾き飛ばされて頭から流血し、火炎を浴び続けた頭はズタズタ。

ーとにかく落ち着いて一撃一撃をちゃんと入れよう。

斬る。攻撃を受ける。回復魔法を唱える。ひたすらこのループ。もう屋敷はすさまじい惨状を呈していた。床は一面さながら血の海。
ボオオオオ
ヤマタノオロチも懸命に火炎を吐きつけてくる。木造の建物をブスブスブスと焦がす。
(これが魔族の体力か・・・・確かに人間離れしている)

女勇者セメントは愚直に斬撃を入れ続けた。戦いは昨日以上に長引いた。

このままやりあって、回復のための魔力が尽きたら負けだ・・・そうなったらどうする?

セメントは恐怖を打ち払うように剣を振るった。とにかく、踏み込みを早くして少しでも強い斬撃を入れるだけだ。しかしあまりにしぶとい敵にセメントも疲労の色を隠せなくなったそのとき、ヤマタノオロチも我慢できなくなったのか、中央の大きな口をぱっくり開いてセメントを噛みくだきにかかってきた。
(タイミングがバレバレだ・・・)
セメントは鋼の鞭を懐から取り出すと、迫ってきた口の中へ鞭の先端を突き入れた。
ピギャアアアアア!!
頭部を金属の鞭で貫かれたセンターは動きが止まる。そこをねらって側面からの刺突!
大量の血しぶきが飛ぶが。セメントは剣を突き刺したまま柄を力点にして刃を回転させたごりっという骨が砕ける音、中央の首も用をなさなくなった。

残る首は三本。しかしセンターの首を失ったことはヤマタノオロチにとって致命傷だったらしく、血をまき散らしながら炎をゴオオオと吐いてくるだけとなった。それでも勝負を捨てないヤマタノオロチにセメントは少しばかり畏怖した。
(これが、魔族の力か・・・・)

でもやらなければこっちがやられる。それは今まで三か月の旅でいやというほど味わったこと。右側から巨体に飛び乗り、右側で残った首をめがけて草薙の剣を振り下ろす。振り下ろす、そして突き立てる。
ピギャアアアアア
そして右から二本目の首もその用をなさくなった。しかし左側の二本の頭からなお炎を吐きつけてくる。しかしセメントも意地になってきて、回復魔法で体勢を立て直すと、左から2本目の首の動きを見切って剣で薙ぐ。とうとうヤマタノオロチの巨体が崩れ落ちた。その勢いで動きの止まった首を斬撃し、そのまま体重をかけて斬り飛ばす。
(可哀想にな・・・いま解放してやるから)
左端の最後に残った首が懸命にセメントに噛みついてくるが。セメントも懸命に剣を合わせていき、
「いやっー!」
炎を吐こうとしたのか、少しの溜めを見逃さず草薙の剣を深く突き立てた。
グァァァァァ

これで最後の一本もその用をなさなくなり、そのあとも胴体がじたばたと動き続けたが、ほどなく大量の血を噴出して動かなくなった。セメントは膝をついてぼう然とヤマタノオロチの最期を見ていたが、あたりはあちこちから火災が。闘っているうちにヤマタノオロチが吐きまくった火炎によって木造屋敷に火が回ってしまったようだ。このまま巻き添えになってしまうはごめんだと考えたセメントは武器を回収して屋敷を脱出した。

「ごほっ、ごほっ・・・」
焼け落ちる屋敷から這うようにして出てきた血まみれのセメント。動揺する神官と村人たち。炎は一晩中燃え上がり、神殿とヤマタノオロチの遺骸を焼き尽くした。
・・・ボクは、勝ったのか・・・
村人の家に転がり込み応急手当てを受ける。激闘を制した女勇者は泥のような眠りに落ち、そして夜が明けた。

2017年8月14日 (月)

新説ドラゴンクエスト3 第89日目 セメントVSヤマタノオロチ

89日目 11月26日
船でジパング入りし、ジパングの洞窟へ。混乱魔法を唱えてくる鬼面導士に混乱させられたが、一人旅なので焦らず目の前に動くものを鞭で撃破してゆけば問題なかった。ほかには豪傑熊という大きな野生の熊由来の怪物が出たが、力は先日遭遇したグリズリーほどではなかったので落ち着いて撃破できた。ほかにはメタルスライムの大群が出たが、炎魔法をこらえながら戦っていれば向こうから逃げて行ってくれた。
洞窟奥で般若の面を入手。セメントにも装備できそうだったが危険な感じがしたので袋にしまっておいた。洞窟の地下二階には大量の人骨が。
(酷いことを・・・・)
ここでヤマタノオロチはいけにえを無慈悲に殺戮していたのだろうか。なおも先に進んでゆくとヤマタノオロチが待ち構えていた。
「はて、いけにえの指定日は来週だったはずだが・・・・はっ。きさま、女勇者か?・・・まあいい。探す手間が省けた。愚かな人間よ。魔族の力を思い知るがいい」
セメントは無言でゾンビキラーを構えた。
ヤマタノオロチは五体の首から燃え盛る火炎を吐いてくる。ドラゴンシールドでしのいでも熱いものは熱い。それでもあのスカイドラゴンと同じくらいの衝撃なのでなんとか耐えられた。ならばとヤマタノオロチは5つの首で入れ代わり立ち代わり噛みついてくる。しかし落ち着いて動きを見ていれば躱せる攻撃で、むしろ巨体の突進で弾き飛ばされるのが痛かった。それでも落ち着いて斬撃を入れていって、こちらがダメージを負ったら高度回復魔法をかけていって、無心で巨体に斬りかかっていった。
(これは我慢比べだ)
ヤマタノオロチも邪龍族の系譜を持つ誇り高い魔族だけあって無尽蔵とも思える体力。いくら斬りかかっても平然とした感じで血をしたたらせながら炎を吐きつけてくる。
(落ち着いて、落ち着いて・・・)
斬撃を入れる。炎を吐きつけられて弾き飛ばされる。転がって態勢を整えながら回復魔法。相手の突進を横に飛びのいてかわし、巨体に斬撃。ヤマタノオロチは甲高い声で啼くが、それでも炎を吐いてくる。
(相手の攻撃は対処できないほどじゃない、こっちの魔力が尽きるのが先か、相手の体力が尽きるのが先か・・・)
一時間ほど激しい戦いが続いたが、ついにヤマタノオロチの動きが緩慢なものになった。炎を吐いてくるが全身に負った傷と夥しい出血で動きが止まった。セメントはここを先途とヤマタノオロチの巨体に駆け上がり、右端の首の付け根にゾンビキラーを突き立てた。「グヘーッ」
あられもない声を上げ、ヤマタノオロチの右端の頭は動かなくなった。
「うらあーっ!」
セメントはゾンビキラーを、突き刺した状態のまま、鋼の鞭を取りだして動かない首に巻きつけ、渾身の力で鞭を引いた。
「ピガーッ!!」
この攻撃でついに右端の首が切断された。切断面から夥しい血が流れる。
切断された首は、口から剣のようなものを吐き出した。そして生命の危機を感じたのかヤマタノオロチはほうほうのていで洞窟の奥へ逃走を始めた。
「待てオラァ!」
セメントは吐き出された剣を拾ってから追撃。
しかしヤマタノオロチは突き当たりにあるワープゾーンから洞窟を脱出した。
「この野郎」
反射的にセメントもワープゾーンへ。飛び出たところはヒミコの屋敷の中だった。
「ヒミコ様!」
ヤマタノオロチは異形の姿から人間の女性の姿に戻り、ヒミコの御座所の上に横たわって虫の息。神官が数人で手当てをしていた。ヒミコはセメントの姿を認めると、セメントの脳内に直接語りかけてきた。
(あの魔物はヒミコに化けていたのか・・・?)
「わらわの本当の姿を見たものはそなただけじゃ。黙っておとなしくしている限りそなたを殺しはせぬ。それでよいな?」
セメントはちょっと考えたが、ここはいったん引くことにした。こっちも激闘で相当の深手を負っているし、ヤマタノオロチも今度は死に物狂いで攻撃してくるだろう。消耗戦になった時ものをいうのはまず魔力。あしたまた来よう。
セメントは踵を返し、屋敷の出口へ向かった。
「ほほほ・・・良い心がけじゃ」

サンチャゴ号に乗り込み、ダーマ東の宿屋で一泊。明日の激闘に備え、身体を休めた。
(今日と同じことをもう一回やるだけ・・・自分を信じてやろう)

2017年8月13日 (日)

新説ドラゴンクエスト3 第87・88日

87日目 11月24日
極寒の海岸沿いを東に進み、氷の海峡を抜けて海岸沿いに南下し夕方ころムオル村に到着。船中泊が続き、シャワーを浴びたかったので宿屋に一泊。

88日目 11月25日
南下して話に聞いていたジパングの国を目指す。昼過ぎにジパングに到着し村を散策。

まるっきり流儀や風習の違う国で外人だあと奇異の目で見られる。しかしこの国もヤマタノオロチの襲撃で困っており、定期的に若い娘をいけにえとして差し出さないとジパングを火の海にすると脅されているらしい。今回は農業を営む一家の長女、ヤヨイがいけにえに選ばれてしまったらしい。
そして女王ヒミコに謁見。しかし外人は立ち去れと冷たい対応をされた。そのあと近くの洞窟に足を踏み入れる。この奥にヤマタノオロチがいるらしいが、探索はあとにまわすことにして早々に洞窟を出て船に戻る。西へ走って川を遡上しダーマの神殿へ行き、宿坊で一泊。
セメント・スターリー・エスプレッシーボ(16)レベル31
身長159センチ、体重61キロ、放浪の旅人。

2017年8月11日 (金)

新説ドラゴンクエスト3 第84・85・86日目

84日目 11月21日
スーの村を歩いて情報収集。西にある塔に山彦の笛があり、それを活用するとオーブ探しが楽になるらしい。午後に出港。川を下降し海に戻り、大陸沿いに南下。夜になってしばらく航行を続けると海賊の家に到着。こんどは海賊の面々がいた。海賊のお頭、サノスは若い女性だった。互いに自己紹介した後、雑談。幽霊船の情報などを聞き、海賊の家を後にした。南端の岬を回ったところで夜が明けた。

85日目 11月22日
西の大陸をひたすら北上していくと、話に聞いたアープの塔に到着した。さっそく上陸し探索を開始。わりと単純な作りの塔だったので、さして苦もなく山彦の笛を入手した。キラーアーマーの4体組に少し苦戦。人食い箱もどうにか撃破。船に戻り西海岸を北上し、大陸の間の氷の海峡を目指す。この日も船中泊。

86日目 11月23日
フチザキは毛皮のコートを着ながら寒さに耐えていた。氷の海峡を抜けて沖合を西に進みホビットのほこらでオルテガの情報を聞く。やはり火山の火口以降の行方は杳として不明らしい。そのあと大密林を探索し、世界樹の葉を入手。大きい灰色熊、グリズリーの3体組に襲撃されたが、懸命に相手の打撃を盾でブロックしてから鞭で乱撃し撃退した。
(力が凄い・・・・)
セメントにとって久々に冷や汗をかく戦いだった。
船に戻って東へ。船中泊。

2017年7月30日 (日)

新説ドラゴンクエスト3 第81.82.83日

81日目 11月18日
武器屋をチェックし、ドラゴンシールドとゾンビキラーと呼ばれる剣を入手。まだ主武器は鋼の鞭だが、1対1の戦闘も考えてゾンビキラーを買った。そのあととりあえずサマンオサを去ることにして元来た道を戻る。王に謁見できない国ではなにかと冒険するうえで不便だし、一度投獄されてしまっている。固い甲羅を持つガメゴンという敵に苦戦したが何とか鞭の乱撃で沈黙させた。サマンオサ東の教会に戻りつき、ワープゾーンを通ってグリンラッド南のほこらへ。そのあとグリンラッドに立ち寄り。ビッグホーンに眠らされたあとに氷河魔人の冷たい息を浴びて苦戦したが、かろうじて撃破。グリンラッド中央にある老人の家でサマンオサにある変化の杖の情報を聞いた後、そこを辞去。船に戻って東へ、この日は船中泊。

82日目 11月19日
船を東に走らせ、ポルトガに到着。すっかり海風が冷たくなった。この日はポルトガの宿屋に一泊。

83日目 11月20日
ポルトガを出港し、船を西に進めてまず西の大陸へ。フチザキのいる寒村の様子を見に立ち寄る。なんと建造物がひとつ増えていて、道具屋がオープンしていてフチザキが店番をしていた。しかし品揃えはハーブと革の帽子のみ。フチザキを激励してから寒村を辞去。前回失敗したスーの村をめざして進む。地図とにらめっこしながら夜の大河を遡上し、夜中にスーの村に到着。宿屋泊まり。

2017年7月24日 (月)

新説ドラゴンクエスト3 第80日目

80日目 11月17日
グリンラッド南のほこらを発見。鍵付きの扉を開けると亜空間に飛ぶワープゾーン。入るとどこかの教会に出た。神父に話すとサマンオサ城の東だという。岩山と浅瀬に囲まれ船では立ち入れなかったサマンオサに入ることができた。神父に教えてもらった道をたどりサマンオサへ。コングと呼ばれる野生猿由来の怪物に苦しめられたが、きっちり勝って覚えたての高位回復魔法で治療。このあたりの魔物も手強い。

たどり着いた城下町では異様な雰囲気。やたら広い墓地で葬儀が行われていた。なにやら王に些細なことで処刑されてしまったらしい。一体どんな国なのかと思い聞き込みを進めると、以前は温厚だったのがある日突然豹変してしまったらしい。王城に入りこもうとするが入り口で衛兵に阻まれ追い返されてしまう。しかし勝手口がすぐみつかったのでそこから潜入し、王に謁見を申し出たところ拘束され地下牢送りになってしまった。
地下牢を出ようとすると衛兵に止められた。
「私は眠っている、だからこれは寝言だ。たしかに最近の王様はおかしいが、私は王様には逆らえない。この牢獄の奥には秘密の抜け道があるらしい」と言われたので、セメントは牢獄を探索することにした。驚くべきことに牢獄の奥に本来の王様がぶち込まれていた。
「変化の杖じゃ、悪しきものが変化の杖を使ってわしに成りすましておるのじゃ・・・」やつれた王様がとぎれとぎれに話す。
なお探索を続けると抜け道があっさり見つかり、たどってゆくと墓地の隅に出た。とりあえず城下町の宿屋に一泊。

2017年7月 9日 (日)

新説ドラゴンクエスト3 第78日しびれあげはに敗北

78日目 11月15日
西の大陸へ移動し、フチザキを残した寒村の様子を見る。11日ぶりの訪問だったが、あまり変わっていない。1軒建築物が増えた程度。これからも定期的に訪れることにしよう。老人からスーの村の情報を得たので、南へ船を走らせ川に入る。適当なところで船を下りスーの村を探してみたがなかなか見つからない。そうこうしているうちにしびれあげはに襲われ、麻痺毒の粉にやられてあえなく麻痺。セメントはあっけなく6敗目を喫した。夜の道、このままでは危険と判断したセメントは救難信号呪文を唱えた。
次の瞬間、セメントの体はどこかの一室に横たえられていた。
「ここは」
「アリアハンの魔道士協会。緊急信号呪文を感知したのであなたをサルベージした」
当直らしい中年の女魔道士が説明する。
間一髪、救難信号が間に合ったらしい。。
しばらく横になっていると体に残ったしびれ感が消えた。
「悪いけど・・・これ請求書。10日以内にゴールド銀行の窓口で払っておいて」
先ほどの女魔道士が羊皮紙を手渡した。
「あまり無理を・・・しないでね」
そのあとセメントは生家に転がり込んだ。サンチャゴ号もセメントの遭難を察知し、魔鉱石を使ってアリアハンまで戻ってきてくれた。
(麻痺だけはどうにもならない・・・)
セメントは一人旅の苦しさに嘆息した。

2017年7月 4日 (火)

新説ドラゴンクエスト3 第75.76.77日 しびれくらげに敗北

75日目 11月12日
ランシール村の奥にある大神殿に入り、そこから地球のへそと呼ばれる試練の洞窟を探索。しかしでてくるモンスターは格落ちの物ばかりで、少々拍子抜けした。宝箱に擬態して開けた途端に襲ってくるミミックと呼ばれるモンスターの即死魔法にはたじろいだが、運よく即死をまぬかれた。最下層でブルーオーブと大地の鎧を入手。無事に探索を終えランシールを出港。レイアムランドに立ち寄り2つのオーブを捧げる。そのあと明け方のテドンに立ち寄り、前回訪れた時は入れなかった最後の鍵の扉を開けて、中の囚人に話しかけてグリーンオーブを託された。宿屋に泊っても良かったのだが気味が悪いのでセメントはすぐ退散した。サンチャゴ号へ戻り西の大陸へ航行。船中泊。

76日目 11月13日
セメントはこの日の昼、5敗目を喫した。フチザキの様子を見にいこうとしたが突然しびれくらげに襲撃され、運悪く触手の一撃で麻痺毒を食らってしまい動けなくなった。
「スケさん・・・動けない・・・緊急エンジンを作動させて」
緊急事態を察知した乗組員はサンチャゴ号の緊急避難装置を作動させた。船にストックしてある魔鉱石の力を解放させでものすごいスピードでアリアハンへ航行する。セメントは運び込まれたキャビンでしびれながら船の揺れに耐えていた。
(ついてない・・・)
夜遅くアリアハンに緊急着岸。ふらつく足取りで生家に一泊。

77日目 11月14日
仕切り直しでの出港。アリアハンから西へ向かい、テドン南端を回ったところで夜になった。この日は船中泊。

2017年7月 2日 (日)

新説ドラゴンクエスト3 第73.74日

73日目 11月10日
夜の海を海図を頼りに岩礁を探す。そろそろこのあたりかと思った頃に、目の前に小さな岩礁が現れた。小さいボートに乗り換え、慎重に近づいて岩礁の上に壺を置くと、不思議なことにあたりの半径数メートルの水が勢いよく壺の中へ。セメントが驚いていると、水面下からほこらの入り口が姿を現した。
(よっ・・・と)
セメントはほこらの入り口に飛び移って、ライティング呪文の明かりを頼りに奥へ行くと、宝箱が目の前に出てきた。開けてみると最後の鍵があった。先端が変形し、どのような形状の鍵も開けることのできる万能の鍵だ。セメントは船に戻り、壺を回収してから引き揚げた。ほこらは来た時と同じように海中に没した。
(ここから北に航海するとアリアハン・・・)
セメントは北に針路を取り、魔物対策のため海面を監視しながら故郷を待った。やがて夜が明け、昼が過ぎ、夕暮れ近くになる頃ようやく陸影が見え、アリアハンに入港。10日ぶりに帰ってきた。養成所の教官に無事フチザキを送り届けたことを報告し、その夜は生家に泊まった。
セメント・スターリー・エスプレッシーボ(16)レベル27
身長159センチ、体重59キロ、海の旅人。

74日目 11月11日
昼前に出港し、すぐ隣の大陸ランシールへ。この日は宿屋に一泊。

2017年6月23日 (金)

新説ドラゴンクエスト3 第71.72日

71日目 11月8日
船中泊が続き、シャワーを浴びたかったのでセメントはポルトガへの寄港をお願いした。テドン南端を回ってやや沖合を航行し、夜にポルトガ到着。宿屋に投宿。

72日目 11月9日
早朝に出港し、この間追い返されたエジンベア城に。消え去り草の粉末を頭からかけるとなんとセメントの姿が人からは見えなくなった。もっとも効力には限りがあるらしく、城門を突破するくらいの時間しか効き目はなかった。しかし田舎者は帰れと横柄なのは門番だけで、王に謁見を申し出たら意外にも了承してもらえた。話してみるとエジンベア王は話の分かる人で、冒険者に有益な情報をいろいろ話してくれた。王からエジンベア謎の地下室の話を聞く。3つの岩を奥にある青い床の上に置けば何かが起こるらしい。
「んしょ・・・」
セメントは秘密の地下室に入り、3つの岩と青い床の位置関係を確かめた。力にはそれなりに自信はあるので、水路に岩を落とさないように慎重に岩を押した。すべての岩を青い床の上に置くのに一時間近くかかった。
(ふうっ・・・)
そのとき横の壁がゴゴゴゴと音を立てて開いた。あわててそっちへ進むと、奥には壺があり、「渇きの壺」と書かれた紙片が付けられていた。読んでみると、エジンベアのはるか北に岩礁のみで形成された小島があり、そこでこの壺を使うと何かが起こるらしい。
さっそくセメントはサンチャゴ号に乗り込み、北へ向けて出港。途中で夜になり、テンタクルスと呼ばれる巨大イカの襲撃に遭ったりしたが、鞭の乱撃でなんとか撃退。しかし異様にしぶとく、戦い終わった後は何度も回復魔法を使わねばならなかった。

より以前の記事一覧